産後クライシスはいつまで続く?愛情を取り戻して夫婦仲を改善する方法は??


profile22 (100)

産後クライシスとは?原因は??

産後クライシスというのは、産後2~3年の間に、夫婦仲悪化することを言います。これは、産後のホルモンバランスが1つの原因だと言われています。女性もともとホルモンバランスによって情緒神経乱れやすいですが、産後はさらに赤ちゃん母乳をあげるために、オキシトシンや女性ホルモンがさらに過剰に出るので、より不安定になっています。そんなに、旦那さまが仕事ばかりで家事育児協力的でなかったり、自分育児に追われて大変だったりということがあると、に対する気持ちが冷めていってしまい、産後クライシスを招きやすくなってしまいます。

産後クライシスはいつまで続く??終わりはいつ?

に産後1ヶ感情ホルモンが安定していないので、産後クライシスになりやすいですが、その後は、すぐに治るもいれば、中には2〜3年続き、そのまま離婚してしまうような夫婦もいます。ホルモン状態が落ち着くのは、産後年くらいと言われているので、年という時期は1つの目安になるかもしれません。そのため、産後すぐの女性はなるべくゆっくり過ごせるようにしてください。
また、個人差はありますが、「しっかりしなきゃ」と思っているほど産後クライシスに直しやすいようです。あまり無理をしすぎると自分を追い詰めてしまって、旦那さまとの関係悪化することになりかねないので、気持ちを楽に持つようにがけましょう。

shutterstock_38278927

産後クライシスの改善方法!夫側・妻側別の対処法は?

男性は、まず女性生理ホルモンバランスによって気分浮き沈みがあるものということを理解してください。それは、妊娠中かどうかや出産しているしていないにかかわらず、そういうものだということを知っておきましょう。そして、出産後は、ホルモンバランス変化はより激しくなります。その上、出産によって型が崩れたり、生活環境が変わったりということから、本当に大きな不安を抱えているものです。

そのことを理解するだけで、旦那さまは態度や行動も変えることができ、その態度ひとつではすごく安します。ですから、男性はとにかく女性をねぎらってあげてください。それだけで、女性は安でき、不安が少し減ります。

また、妊娠中から男性ができることもたくさんあります。お腹が大きくなると靴も履けない状態になるので、コップ1つ洗う、片付けるなど、些細なことでいいので、家事協力しましょう。
女性は、産後クライシスに対しては構えず、落ち込んだりしたに、「ああこれがよく言われている産後クライシスなのかな」とに楽しんでみると楽になるかもしれませんshutterstock_447247810

産後クライシスは誰に相談したらいい?カウンセリングは受けられる?

市町村には、子育て支援窓口が必ずあり、地域によっては家庭訪問のようなものもあり、子育てのフォロー体制は大変整っています。内が近くにいなくても、そういったフォローサービスを利用したり、子育て広場などに参加したりするのも気分が変わるのでおすすめです。また、1ヶ健診までは出産先病院で助産師さんに相談すると、親身になっていてもらえることもあります。
ただし、おさんお母さん構えや、家族に対するカウンセリングは進んでいますが、夫婦関係に関しては日本ではそこまで相談に乗ってくれる場所がないように思うので、まずは旦那さまとし合いましょう。にも、同じく出産経験している友人せるがいるなら、頼ってみましょう。

産後クライシスで離婚すると後悔する人が多い?離婚を考えてしまったら?

産後クライシスで離婚してしまうと、後悔するも多いので、もう一深呼吸をしてみて、本当に産後1でやっていけるのか、経済は大丈なのか、子供を安して育てられる環境自分1れるのか、母親父親役割を1でできるのかを考えましょう。
また、もし夫婦関係悪化している場合は、できれば男性女性間をってあげる努力をしてほしいです。お母さんがゆっくりできる間や落ち着いて2で出かける間をってあげることで、リフレッシュできるのではないかと思います。

shutterstock_319037930

まとめ

出産育児ははじめてのことなので、誰もが完璧になんてまずできないと思います。育児やこれからの夫婦関係について不安になるということは、きちんと考えている証拠だと思うので、まずは自分を褒めてあげましょう。
そして、ご夫婦できちんとし合い、お互いの素直な気持ちを伝えられるといいですね。

広告

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


注目の専門家

注目の専門家

保健師・赤ちゃん発達アドバイザー

佐藤 千穂美

今週のピックアッププロフェッショナル

今週のピックアッププロフェッショナル

ウェディングアドバイザー

有賀 明美

プロフェッショナル一覧

プロフェッショナル募集

» 続きを読む

ピックアップ記事

ピックアップ記事

【子育て貧困世帯】子どものためにパパ・ママが知っておきたい育児支援まとめ


近年、問題になっている「子どもの貧困化」。
子どものために今、何ができるのでしょうか。

今回は、「子どもの貧困化」が進む今だからこそパパ・ママに知ってほしい育児支援やサービスについてご紹介します。

広告