幼稚園で友達ができない・・・そんなとき親が子供にしてあげられることって?


幼稚園での友達の作り方と友達関係を維持するためのコツは?

子供が幼稚園で友達作りがうまくいかず、不安という方はまずは幼稚園の先生に相談してみましょう。先生に様子を伝えるなどし、友達の輪の中に入れるよう子供の背中を押してもらうといいでしょう。

その他にお母さんができることは、幼稚園送迎時に、お母さんも他のお子さんと話して仲良くなっておくことです。そうすれば、お子さんに友達ができるよう仲介してあげることができます。さらに、お母さん同士も仲良くなっておくことでお子さんも相手のお子さんと接しやすくなり、良好な友達関係を維持することができるでしょう。shutterstock_74589184

幼稚園・保育園で友達がいない・できない時の親の適切な対処法は?

「友達を作る」ということに関して、幼稚園・保育園時代は、まだまだ練習段階です。
この時期に学んだことが小学校・中学校に上がったときにしっかりと実を結びます。
だから、基本は、お子さんが自分自身で友達関係を築けるように見守ってほしいと思います。

また、一人遊びをしっかりした子供の方が、その後友達に興味をもつ年齢になると案外上手に友達との距離感を見ながら付き合うことができるようになるということもあります。ですから、今一人で遊んでいることを心配しすぎないようにしましょう。shutterstock_97830134

友達の輪に入れないおとなしい子供に親ができることは?

おとなしい子は、人見知りの子が多いので、まずは顔見知りをたくさん作ることが重要です。同世代のお友達がよく遊んでいる公園や遊び場に何度も遊びに行くようにしましょう。
だからといって、いろんなところを回らなくても大丈夫です。いつも決まった場所で、そこに行けばいつもの友達に会えるという安心感を作ってあげると、おとなしいお子さんも自分から遊びに入りやすくなっていきます。

友達とうまく遊べない・・・。よくトラブルを起こしてしまう子にはどう接したらいい?

トラブルを起こしてしまうお子さんは、自分の気持ちを上手に相手に伝えられなかったり、相手の気持ちをうまく汲み取れなかったりすることから、友達と遊びたくても上手に遊べず、トラブルになってしまうケースがよくあります。

お父さん・お母さんが見ている状況で子供が友達と関わっている時は、お互いの子供の気持ちをなるべく言葉にして伝えてあげながら、子供同士がスムーズに気持ちが伝えられるようにサポートしてあげてみてください。

幼稚園の年少・年中・年長さん別のアドバイスは?

◆年少さん

まだまだ自分のことで精いっぱいの年齢です。一緒に遊んでいるようでも、ただ同じ遊びを隣でしているだけで、関わって遊んでいるわけではないことが多いです。
お友達と遊べていないことをあまり気にしすぎず、ゆっくり見守ってあげましょう。

◆年中さん

少しずつ友達と一緒に関わって遊べるようになってきます。
それでも、まだ遊べるようになったばかり。ケンカやトラブルも増えてきます。でも、ケンカをしてもすぐに仲直りもできます。友達と一緒に遊べる楽しさを感じられるように大人が背中を押してあげましょう。

◆年長さん

友達と過ごすことが楽しく、遊びの内容も友達と一緒に作り上げていけるようになってきます。ケンカの内容も、少し複雑になってくるかもしれません。
特定の仲良しの友達もできてくるので、大人があまり関わりすぎず、こども同士に任せる場面も作っていきましょう。shutterstock_77797810

心配なパパ・ママへのアドバイス

友達との関わりは、こども自身が育んでいく力でもあります。
お父さん・お母さんが、「こんな風に遊んでほしい」と思っても、その通りにお子さんが望んでいるとも限りません。お子さんの姿を見守りながら、友達と関わりやすい環境をつくってあげてほしいと思います。

まとめ

友達との関わりは、小学校入学に向けて、少しずつ遊びの中でこどもが学んでいけるようにしていきましょう。気の合う友達や嫌いな友達ができることも、当たり前のことです。すべての友達のことを好きになれるわけではありません。

でも嫌いだからといっていじわるをしてもよいわけではないので、友達との関わりの中で、自分の感情をコントロールできる抑制力も同時につけていけるようパパ・ママが導いてあげてほしいと思います。

広告

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


注目の専門家

注目の専門家

保健師・赤ちゃん発達アドバイザー

佐藤 千穂美

今週のピックアッププロフェッショナル

今週のピックアッププロフェッショナル

ウェディングアドバイザー

有賀 明美

プロフェッショナル一覧

プロフェッショナル募集

» 続きを読む

ピックアップ記事

ピックアップ記事

【子育て貧困世帯】子どものためにパパ・ママが知っておきたい育児支援まとめ


近年、問題になっている「子どもの貧困化」。
子どものために今、何ができるのでしょうか。

今回は、「子どもの貧困化」が進む今だからこそパパ・ママに知ってほしい育児支援やサービスについてご紹介します。

広告