保育園に入るコツ!入所できる条件や基準は?申請から入るまでの流れって?


保育園は、なぜ入りにくくなってしまったの??

現在、待機児童の問題が大きくなっていますがその理由は何なのでしょうか。一番大きい問題は、一極集中になっていることです。都会で勤務する保護者が増えれば、どうしても東京都内や大阪市内に入園希望する人が一極集中してしまいます。みんな同じところに入れたがるので、入れなくなってしまうのは当たり前で、田舎に行けば、空きはいっぱいあるのです。
実は資格を持っている保育士さんは余っていると言われています。しかし、一人で一人の子供しか見れない保育士さんもいれば、一人で四人も五人も十人も見れる保育士さんもいます。経験があるかどうかで園の方も先生を選ぶので、良い先生が居ないのも事実で、このことが保育士不足と言われる原因になっています。

保育園に入るコツ!入所できる条件や基準をクリアする方法は?

保育園にこだわらなければ空きはありますが、民間だと料金が高いなどの理由で選ばざるをえない状態になっている方が多いようです。
入所できる基準は、都市部だとポイント制の選考になっていますが、収入や家庭環境などでポイントが変わります。両親が近場に居るとマイナスになったり、介護の方を抱えてていたりするとまたポイントが変わってきたりします。
ポイントを稼ぐコツには、何か月間か認可外園に入れる、ベビーシッターさんを使うという方法があります。その際に、証明書も必要になるので必ず準備しておきましょう。

保育園に入るベストなタイミングは?

仕事の関係などで、保育園に入るタイミングは人それぞれです。まずは、母親としてどう考えるかを大事にしてみましょう。一番かわいい時期に、本当に預けてしまわないといけない状況なのか、育休は取れないのか、様々な事を考えてみましょう。
また、入りたい時期があるなら、市町村ごとに申請時期は決まっています。お住まいの地域の役所に問い合わせれば、いつ申請すれば入れるのか、何人待ちなのか、大体の基準が分かるので、逆算をして保育園の手続きに備えましょう。

保育園にはどうやって入るの?申請から入るまでの流れって?

申請しても、待たないといけない事もありますが、入れる条件を満たしていて、待機している人が他にいなければすぐに入れることもあります。
入園が決まると検診を受け、預かってもらえる子供なのかを判断してもらいます。例えば障がいを持っていたら、看護師さんがいない園でないといけないというような事があるので、申請の仕方も通常とは変わってきます。
基本的には申し込みをして、許可が出て、各種書類を整えて提出し、面談をします。そこから慣らし保育、通常保育というような流れになっていきます。

入るまでにやっておくことはある?子供が安心して保育園に入るためには?

子供が保育園に入る前に大事なことは、これから保育園に通うということを、どんなに子供が小さくてもしっかりと伝えることです。なぜ預かってもらわないといけないのか、わからないなりにも必ず伝えましょう。
また、慣らし保育を何度か経験をさせることも大切です。子どもは先生よりママが好きなので、最初のうちは泣いてしまうこともあります。泣かれると先生たちも困ってしまい、ほったらかしになってしまうこともあります。ほったらかしにされるのは子供にとって一番よくないことなので、何度か慣らし保育の経験をさせ園生活の始まりをスムーズにスタートできるようにしましょう。

まとめ

保育園に入れることに悩みを抱えているママも多いと思いますが、まずは気を抜いて、先生たちとコミュニケーションを取ってみましょう。そして、先生とコミュニケーションは取れる園なのか見極めてみてください。また、子供にとって合う園なのかどうかを見学してきちんと判断することも大切ですね。
なかなか保育園に入れなくて悩んでいる方は、絶対そこでないといけないのか、考え方を少し変えてみるということも大事かもしれませんね。

広告

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサードリンク

注目の専門家

注目の専門家

保健師・赤ちゃん発達アドバイザー

佐藤 千穂美

今週のピックアッププロフェッショナル

今週のピックアッププロフェッショナル

ウェディングアドバイザー

有賀 明美

プロフェッショナル一覧

プロフェッショナル募集

» 続きを読む

ピックアップ記事

ピックアップ記事

【子育て貧困世帯】子どものためにパパ・ママが知っておきたい育児支援まとめ


近年、問題になっている「子どもの貧困化」。
子どものために今、何ができるのでしょうか。

今回は、「子どもの貧困化」が進む今だからこそパパ・ママに知ってほしい育児支援やサービスについてご紹介します。

広告
モバイル