結婚式のマタニティプランって何?普通のプランとどう違うの?


profile29(100)

結婚式のマタニティプランとは?普通のプランとどう違う??

マタニティプランは、おめでた婚カップルの立場に立って考えられた結婚式プランです。

式の内容そのものは変えずに、準備期間を短縮し、準備の負担も軽くした内容になっています。こだわりたいところはこだわることができますが、その他の部分に関してはお任せいただき、基本のおすすめプランを用意することで、準備期間の短縮を可能にしています。また、料理、お花、エステ、ヘアメイクなども妊婦さんの体調に配慮したものを選ぶことができますので、料理やお花の匂いなどが心配な方も安心して当日を迎えることができます。

マタニティのプランは普通のプランと比べて費用はどう?

具体的な費用は式場によって全く違いますが、マタニティプランは通常に比べて、短期間で挙式準備をするプランのため、その分金額もお安くなります。

例えば、通常のプランではお花のデザインや種類を細かくご指定いただきますが、マタニティプランでは、決まった金額でブーケや会場のお花、フラワーシャワーがセットになっており、デザインはお任せいただき進める場合もあります。

このようにして、お料理や引き出物なども決めていくため、全体として式場の負担も軽くなるのです。

価格は、季節によっても違うので、自分が挙式したい時期のマタニティプランについて事前に式場へ問い合わせることをおすすめします。通常は約30万円程、中には50万円以上安くなる式場もありますのでチェックしてみてください。shutterstock_301956992

マタニティプランだと演出も違う??おすすめの演出は?

マタニティプランでは、ゲストもお腹の赤ちゃんが産まれてくることが楽しみになるような、マタニティウェディングだからこそできる楽しい演出がたくさんあります。

◆お腹の赤ちゃんの性別を当てるクイズ

お腹の中の赤ちゃんのことを会場にいる全員が考えながら楽しめるゲームです。ゲストの方も自然と笑顔になって、皆さんで盛り上がれますよ。

◆お腹の赤ちゃんのエコー写真や心音をプロフィールビデオの中に入れる

赤ちゃんの「命」を感じることのできる演出です。新しい命に思いをはせることで、結婚式がより意味深いものになるのではないでしょうか。

◆未来の赤ちゃんに向けたタイムカプセルラブレター

タイムカプセルラブレターとは、お子様がいつか大きくなった時に読んでもらうお手紙を書いて、それを式の中でタイムカプセルの中に入れるという演出です。ゲストのみなさんも赤ちゃんの成長が楽しみになること間違いなしですね。

◆ファーストシューズ

赤ちゃんが初めて履く靴を新郎が手作りします。しかも、実はそれがリングピローになっていて、二つの意味が込められた作品になっていることも。新婦さんも大喜びのサプライズ演出です。

マタニティプランで人気のサービスは?

◆充実したドレスデザイン

妊婦さんはやはり「ウェディングドレスをきれいに着られるのか?」というところを心配されますが、マタニティプランのサービスを行っている式場では、妊娠中でも美しく着られるデザインを豊富に取り揃えていますので、おめでた婚の方には喜ばれています。

◆柔軟な打ち合わせ方法

長時間の打ち合わせを何度も行うことに負担を感じる方は多いので、それ配慮して打ち合わせの負担を軽減するサービスは人気があります。中には、新郎新婦が出向かなくても、プランナーが出張して打ち合わせをする式場もあります。

◆プロ厳選のお任せプランで負担軽減

マタニティ専門プランナーがいる式場では、こだわるところ・こだわらなくてもいいところを把握して、ふたりに合ったウェディングを適格にアドバイスしてくれます。色々と考えなくてもウェディングプランナーがリードしてベストなプランを提案するので、気持ちの面でも楽だと感じる方は多いようです。
ただし、「妊婦だけど、とことんこだわりたい」という方は、ご希望に応じて式場も選ばれるといいと思います。

こだわり以外は全部任せたい場合は、式場側から提案をしてくれるところ、こだわりたい場合は、打ち合わせにもフラワーコーディネーターやシェフが参加してくれるような式場を選ぶのがおすすめです。

こういったマタニティ向けのサービスは、式場によってできること・できないことがあるので、式場選びの時にどのようなサービスや特典があるかをしっかり確認することが大切です。

そして、事前にどういうところにこだわって、どういうところは任せたいのかをパートナーときちんと相談してから式場を選ぶと、ポイントが明確になり、準備が進めやすいと思います。

shutterstock_107947229

まとめ

マタニティプランもここ3〜4年でとても充実してきていて、マタニティウェディング専任の資格を持ったウェディングプランナーや産婦人科の先生から指導を受けているプランナーが担当する式場も増えてきています。
ただし、サービスは式場によって違いますので会場を決める前に挙式プランやサポート体制、対応の手厚さなどを電話やWEBで確認しておくと、式場決定後の準備がスムーズにいくと思います。shutterstock_262673207

広告

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


注目の専門家

注目の専門家

保健師・赤ちゃん発達アドバイザー

佐藤 千穂美

今週のピックアッププロフェッショナル

今週のピックアッププロフェッショナル

ウェディングアドバイザー

有賀 明美

プロフェッショナル一覧

プロフェッショナル募集

» 続きを読む

ピックアップ記事

ピックアップ記事

【子育て貧困世帯】子どものためにパパ・ママが知っておきたい育児支援まとめ


近年、問題になっている「子どもの貧困化」。
子どものために今、何ができるのでしょうか。

今回は、「子どもの貧困化」が進む今だからこそパパ・ママに知ってほしい育児支援やサービスについてご紹介します。

広告