債務整理 費用 相場

債務整理の弁護士費用を安く抑えるコツは?

高い費用が必要となる債務整理ですが、この費用を安く抑えるには弁護士や司法書士選びが重要となります。
弁護士と司法書士とでは、司法書士の方が費用は安いことから、司法書士で手続きが終わるような、任意整理や過払い金請求は司法書士事務所を選んだ方が費用を抑えることができます。
また、弁護士事務所では法務省管轄の日本司法支援センター(法テラス)を利用することで、弁護士費用を安く抑えることもできます。
ここでは、債務整理費用などの分割払いなどもでき、どこの弁護士事務所に依頼したらいいのかわからないといった人にも最適です。

債務整理で弁護士ごとに費用が異なるのはなぜ?

どうして弁護士によって費用が異なるのかと思っている人もいるのではないでしょうか。
その理由は弁護士それぞれの得意分野にあります。
医者でも専門の診療科目があるように、弁護士でも専門分野があります。
その専門分野の違いによって、費用が異なることもあります。
また、事務所を構えている立地も考えられます。
一等地に構えているような事務所では、維持費用なども必要となることから、弁護士費用も高くなる傾向があります。
弁護士に依頼する時には、できるだけ無料相談などをおこなっている事務所を利用して、この時に費用面などもしっかりと確認しておくことが大切です。

債務整理の着手金・成功報酬って何?

弁護士事務所や司法書士事務所は、利用したことがないという人がほとんどです。
そんななじみの薄い法律事務所を利用すると、着手金や成功報酬など聞きなれない言葉が出てきます。
この着手金とは、弁護士などに依頼した時に支払うお金で、成功報酬とはその依頼内容が成功した場合に支払うお金です。
事務所によっては、着手金を無料としているところもあります。
成功報酬では、過払い金や個人再生などの債務整理では、減額された額の10〜20%といった割合で支払うケースがほとんどで、自己破産のケースでは成功報酬を0円としているところもあれば、数十万の成功報酬が必要な事務所もあります。

債務整理で着手金や初期費用が0円の理由は?

最近の法律事務所での傾向として、債務整理で着手金や初期費用を0円としているところが増えてきています。
利用者にとってはとてもうれしいサービスなのですが、なぜ0円にするのかと疑問を持ってしまいますよね。
その理由として、法律事務所と聞くだけで敷居が高くて利用しにくいという点があげられます。
専門家に相談したいけど高い相談料をとられるのではないかと、利用する機会を逃しているという人は多くいます。
この着手金や初期費用を0円にすることで、気軽に相談しやすい環境を作っているのです。
借金問題で悩んでいる人は、このようなサービスを提供している法律事務所を気軽に利用してみてはいかがでしょうか。

債務整理にはどのくらいのお金がかかるの?いくらからできる?

債務整理といっても任意整理や個人再生、自己破産などがあり、それぞれで費用は大きく違います。
任意整理なら1社あたり2〜4万円程度の費用ですることができます。
これは着手金と報奨金を併せた相場の費用で、着手金とは依頼するために必要なお金、報奨金はその依頼が成功した時に支払うお金です。
また、この任意整理では減額報酬というものも支払うことになります。
この減額報酬とは借金を減らした額の一定の割合を支払うというもので、通常は10〜15%となっています。
個人再生では総額として40〜60万円程度、自己破産では30〜40万円程度は必要になると考えておきましょう。

債務整理費用が高いのか安いのかの判断基準は?

法律事務所を探すときに重要になるのが費用ではないでしょうか。
できるだけ費用がかからないところに依頼したいけど、その費用が高いのか安いのかの判断をするための基準が欲しいものです。
この基準となるのが法テラスです。
法テラスは法務省が管轄する機関で、公式サイトでは公表事項として業務方法書を見ることができます。
この業務方法書の中には、任意整理や自己破産、民事再生手続きに対しての代理援助立替基準というものがまとめられています。
その中に基準額が示され、国が管轄する法テラスの基準を下回る費用を提示する法律事務所はないと考えられ、この基準が目安として利用することができます。

債務整理の無料相談はどこですれば良い?おすすめは?

債務整理の悩みをどこに相談したらいいのかと思っている人も多いかもしれませんが、意外に相談できる場は身近にあります。
国民生活センター・消費者生活センターを聞いたことがあるという人もいるのではないでしょうか。
ここは、詐欺や悪徳業者などのトラブルを相談する場所としてよく知られているのですが、借金問題も受け付けています。
また全国に設置されている弁護士会や日本司法書士会連合会なども、法律相談センターで借金問題の相談を受け付けていて、司法書士連合会なら相談料無料、弁護士会の場合には有料のところもあるので事前確認をしておきましょう。
まずは近くにある無料相談ができるところで、アドバイスを受けることをおすすめします。

債務整理費用を後払いすることはできるの?

債務整理の費用は、個人再生や自己破産となると数十万円にもなることから、後払いができるのかというのは重要なポイントです。
この支払いが不安という人は、法テラスを利用することをおすすめします。
法テラスでは、費用を後払いにでき、しかもその費用を分割して支払うことができます。
分割をしてもらえば、月々数千円程度の負担で済むこともあり、借金ができなくなった債務整理後の生活状況でも、なんとか支払いもできるのではないでしょうか。
原則一括払いとしている法律事務所もあるので、初回の相談時には必ず、この支払方法についても確認しておきましょう。

債務整理の手数料が安い弁護士はどこ?

手数料が安い弁護士としては、樋口法律事務所、サルート法律事務所、アディーレ法務事務所などがあります。
これらの事務所は全国に対応していて、初期費用も0円と、手数料を安く抑えられる事務所です。
この事務所も分割払いに対応しているので、事前に相談をしておくことで、借金問題が解決した後に、費用を払えないといったトラブルも回避できます。
法テラスも費用が安い弁護士を紹介してくれるのですが、債務整理専門の弁護士が紹介されるとは限りません。
債務整理では専門家に相談することで早期解決につながることもあり、弁護士に依頼をする時には自分でしっかりと確認をして選ぶことが必要です。