債務整理 内緒

主婦が夫に内緒で債務整理はできる?離婚になる可能性は?

任意整理であれば、主婦が夫に内緒で債務整理をすることは十分に可能です。
しかし、個人再生や自己破産といった債務整理では、夫にバレずに手続きをするのは難しいと考えておきましょう。
この時に、離婚になる可能性があるのではないかと心配になってしまいますが、個人再生や自己破産といった債務整理をする時には、事前に話し合いをしておくことが大切です。
個人再生では借金を減らすことは可能ですが返済は続きますし、自己破産では財産を返済にあてる必要があり、夫の協力は不可欠です。
ピンチの時こそ夫婦で力を合わせて乗り切ることが大切です。

債務整理を会社に内緒でやってバレたらクビになる?

債務整理をしたからといって会社をクビになることはありません。
会社に債務整理をしたことがバレたとしても、債務整理をしたことを理由に解雇することはできないからです。
解雇されることはまずないのですが、その債務整理が会社にばれることで、会社で働きづらくなることはあります。
また、職業によっては例外もあります。
自己破産をした場合には一時的にですがつけなくなる職業があります。
その職業としては、弁護士や税理士、行政書士や警備員などがあります。
もしこのような職業についている人が自己破産をした場合には、仕事を辞める必要が出てきます。

債務整理を内緒でしたことを家族にバレるタイミングは?何に注意すべき?

個人再生や自己破産といった債務整理では、家族だけでなく会社にもバレてしまう可能性が高いのですが、任意整理であれば、家族などにも知られることなく手続きを済ませることができます。
しかし、安心はできません。
場合によっては任意整理でも家族にバレる可能性があるのです。
家族にバレる可能性があるタイミングが、和解が成立した後です。
和解が成立すると、和解書にサインをする必要があり、近くに弁護士事務所がなくメールや電話などでやり取りをしていた人は、この和解書が自宅に送られてきて家族にバレる心配があります。
任意整理でも、すべての手続きが終わるまでは郵便物には注意をしましょう。

債務整理を誰にもバレずに確実に内緒でできる方法は?

誰にもバレずに債務整理をするためには、任意整理を利用する必要がありますし、そのほかにも重要なポイントがあります。
それが、弁護士や司法書士の協力です。
誰にもバレないようにするためには、この弁護士や司法書士の協力が必ず必要になります。
そのため、絶対にバレたくないという人は、まずその旨を依頼する弁護士や司法書士に伝えておきましょう。
このことをしっかりと伝えておくことで、弁護士や司法書士は、手続きにも細心の注意を払い行動してくれるので、誰にもバレずに確実に内緒にすることも可能となります。
バレることなく債務整理をする時には、自分の気持ちをしっかりと伝えるようにしましょう。

もし債務整理を内緒でしていることがバレた時の対処法は?

債務整理などの事態になったときには誰にも知られたくないものです。
そのため、多くの人がバレないように細心の注意を払って債務整理をおこなっているようです。
しかし、法律事務所とよく話し合っていなかったために家族にバレてしまうこともあります。
債務整理の事実がバレることで夫婦との関係が不仲になったり、離婚問題まで浮上してくるかもしれません。
バレてしまった時には、隠していたことをまず素直に謝りましょう。
そして、なぜ隠したのか、債務整理をしていた時の自分の正直な気持ちを伝えることが大切です。
債務整理によって借金問題は解決しているので、あとは夫婦の信頼関係を築くことが重要です。