債務整理 ローン

債務整理をしても車や住宅ローンは組めるの?

債務整理の手続きを行うと、基本的には債務整理をした本人は車や住宅ローンは組めなくなると考えておきましょう。
金融機関は信用をもとに融資をしています。
債務整理をするということは、金融機関からの信用を失うことになります。
債務整理をした場合には、新たに借金をすることはとても難しい状況です。
ただ、時間が経って信用情報機関から債務整理をしたという情報が消えれば、この信用も回復することになります。

債務整理後いつからクレジットカードやキャッシング、カードローンを組めるの?

債務整理をすると一時的に金融機関からお金を借りられない状態となります。
これは信用情報機関に事故情報が記録されるからで、一定期間を過ぎれば、この事故情報も消去され、金融機関からお金を借りられる可能性が高くなります。
事故情報が記録されている期間としては、債務整理で約5年、個人再生や自己破産で7〜10年といわれています。
この期間はいわゆるブラックリスト入りしている状態なのでお金を借りることはできません。
くれぐれも、ブラックや債務整理中の方でも融資しますといった業者は利用しないようにしましょう。
債務整理をした後は急な出費でも対応できるように、貯蓄重視の生活を送ることが大切です。

債務整理をすると信用情報はどうなる?ローンへの影響は?

債務整理をすると信用情報には事故情報が登録されることになります。
この情報が信用情報機関に登録されることで、債務整理をした貸金業者だけでなく、信用情報機関を利用しているその他の貸金業者もその情報を確認できるようになります。
そのため、別の貸金業者にローンを申し込んだとしても、申込者本人の個人信用情報に事故情報が確認されると、融資を受けることができません。
債務整理は、返済を楽にしたり、借金そのものを減らすことができるのですが、将来借り入れなどをする際に影響するリスクもあることも十分理解したうえでおこないましょう。

債務整理をすると返済中の車や住宅ローンはどうなる?

任意整理では、銀行や消費者金融のカードローンなどの特定の債務だけを整理対象とすることができることから、返済中の車や住宅ローンを整理対象外とすることで、車や住宅を所有することができます。
しかし、個人再生や自己破産といった債務整理となると、特定の債務だけを対象としたり、対象外にするということはできません。
破産や個人再生では、返済中の自動車ローンがあった場合、所有権がローン会社に留保されているケースが多いため、車を手放す必要がある可能性が高いでしょう。

記事監修:弁護士 竹森現紗先生