債務整理 依頼

債務整理を依頼する時の弁護士と司法書士の違いは?

弁護士は訴訟事件や個人のトラブルでも相談や代理業務などをしてくれる、誰でもご存知の法律の専門家で、司法書士は不動産や会社などの登記手続きを専門としています。
弁護士はどの債務整理でも対応可能なのですが、司法書士は、法務大臣の認定を受けている場合のみ対応することが可能です。また、認定司法書士であっても、借金の額によって対応できる案件に制限があります。
債務整理では依頼人との法律相談や債権者との交渉、裁判所に訴訟を提起する必要があるのですが、司法書士は借入金額が140万円以下の債務整理しか対応することができず、これ以上の任意整理や個人再生(民事再生)、自己破産の場合は、代理業務を行うことができません。
このように、弁護士と司法書士とでは借入金額によって債務整理に対応できる範囲に違いがあります。

 

債務整理費用の内訳は?何に費用がかかるの

任意整理の時に紹介したように、専門家に債務整理を依頼すると、着手金や報酬金、減額報酬金や過払回収報酬金など、様々な名目で費用が発生することになります。
また、裁判所に納める費用も、手続きによって異なります。

債務整理で弁護士費用が払えないときはどうすれば良い?

着手金が払えない場合は、無理にお金を用意しようと、貸金業者からお金を借りたりすることはやめて、まずは法律事務所に相談をしてみてください。
事務所によっては分割払いに対応してくれる場合がありますし、どうしてもお金がない場合には、法テラスを利用することが可能な場合もあります。

債務整理は家族や会社に内緒でできるのか?

債務整理 内緒

 

債務整理によっては、自分だけでは揃えられない書類などが必要になる場合もあり、家族に協力をしてもらわなければいけないケースもあります。弁護士などに依頼をすることにより、債権者から直接催促の連絡が来ることを止めることができますし、交渉や連絡、郵便物なども法律事務所の方でバレないような配慮をしてくれる事務所もありますので、家族に内緒で債務整理を進めたい場合には、依頼時にその旨を弁護士に伝えて相談しましょう。

 

記事監修:弁護士 竹森現紗先生