債務整理 デメリット

債務整理のデメリット一覧は?

債務整理をおこなうと借金を減らしたり、借金そのものをなくすことができたりというメリットがあります。大きな借金を背負っている時は精神的なダメージが多いのですが、その負担から解放されるのが債務整理です。
しかし、この債務整理をすることによってデメリットもあることは知っておきましょう。
主なデメリットとしては、信用情報に記録される、官報公告される、職業制限や資格制限を受けることもある、連帯保証人はその債務を負うことになる、などが挙げられます。
債務整理をする時にはデメリットのこともよく考えて正しい選択をしましょう。

債務整理をすると家族にどのようなデメリットがある?

債務整理をした場合、基本的には債務者本人にデメリットが及ぶことになり、家族などにはほとんど影響がないと考えられます。
任意整理などでは個人の信用情報にその事実が記録されることになり、新たに借金をすることなどは一時的にできなくなりますが、家族への影響はまずありません。

しかし、自己破産手続きをして破産者となると、債務者名義の財産は返済にあてる必要があります。
そのため、家などの不動産が債務者名義なら家を手放すこととなり、家族にも引っ越しなどの負担をかけることになります。

債務整理をしてもクレジットカードは使える?

任意整理の場合は、債務整理を行わないクレジットカードについては、そのまま使えることが多いですが、自己破産や個人再生の場合には、今まで使っていたクレジットカードは使えなくなると考えておきましょう。
債務整理をすると信用情報にその事実が記録されることになります。
確認されるまでにタイムラグがあることから、すぐには使用停止にならないかもしれませんが、債務整理を行うクレジットカードについては、弁護士等を通して業者に返却することになるのが一般的です

債務整理 クレジットカード

債務整理をすると住宅ローンはどうなる?

返済中の住宅ローンの扱いは、どのような債務整理をするのかによって違ってきます。
任意整理なら、住宅ローン以外の債務についてのみ債務整理をすることで、そのほかの債務の利息分が減り返済を楽にすることもできる可能性がありますし、個人再生なら住宅ローンは払い続けたまま、それ以外の債務を大幅に減らすことができます。
しかし、自己破産では住宅ローンがすべてなくなる代わりに、資産価値のある財産は返済にあてることになります。
また、今後住宅ローンを組むことを検討している場合には、任意整理なら約5年、個人再生や自己破産では約10年は組めなくなることを理解しておく必要があります。
この年数は、信用情報に債務整理をした事実が記録されている期間で、原則としてこの情報が記録されている間は、住宅ローンに限らず金融機関から借金をすることはできないと考えておく必要があります。

 

債務整理をすると保険に入れなくなる?

債務整理をすると、生命保険なども加入できなくなるのではないかと心配になってしまいますよね。
病気をした時や急な事故では、保険に加入していることでとても助かります。
しかし、債務整理をすることにより、保険に加入できなくなるということはまずないので安心してください。
保険会社の場合には信用情報を確認する術がありませんし、保険の加入に際して信用情報を確認して審査をするということもおこなっていません。
ただ、自己破産した場合には、積立式の保険などに加入をしていると、その積立金の額によっては解約を求められることがあります。

債務整理をすると信用情報はどうなる?

信用情報機関には、貸金業者を利用すれば様々な情報が記録されることになります。
氏名や生年月日、性別や住所、勤務先やその連絡先、借入額や今の借入残高など多くの情報が記録され、もし債務整理をした時には事故情報として記録されることになります。
信用情報機関にこのような個人情報が記録されることにより、貸金業者は安全に融資をすることができ、スピーディーな審査にもつながることから利用者にとってもメリットがあります。
しかし、債務整理をしたことによって事故情報が記録されると、いわゆるブラックリストに載ったことになり、信用情報機関からこの事故情報が消えない限りは、どこの貸金業者からもお金を借りられない可能性が高いでしょう。

債務整理のデメリット以上のメリットは?

債務整理をすることのメリットは、返済という大きな負担を軽減、もしくはなくすことができるところにあります。
多額の借金を抱えてしまうと、日々そのことしか考えられなくなったり、借金の取り立てにおびえた生活を送っているという人もいます。
債務整理をすることにより、精神的な負担を減らすことができ、借金におびえなくてもよい生活を取り戻すことができます。
債務整理には、デメリットもあればメリットもあります。
債務整理を行うことでの影響は5〜10年間にも及びます。
しっかりとメリット、デメリットを理解して、自分にとって正しい選択をすることが大切です。

 

記事監修:弁護士 竹森現紗先生