産後ダイエットにおすすめのレシピや食事方法!簡単に作れる料理&スムージーを紹介!

産後ダイエットに効果的な食事方法は? 「妊娠期に増えてしまった体重が出産しても落ちない!」「卒乳したとたん体重が増えだした!」「出産で変わってしまった体型を戻したい!」などなど、産後ダイエットに関心のあるママたちは本当に多いです。 産後は、出産前と環境も体内もがらっと変わります。…

ベビーフードのメリット・デメリットは?赤ちゃんの離乳食、手作りじゃないとダメ?

ベビーフードって何? ベビーフードは離乳期に使用する食品です。ベビーフード協議会によるベビーフードの定義では、「赤ちゃんの発育のための栄養補給や普通の食事に適応することを目的とした食品」となっています。 離乳食の開始は生後6ヶ月が最も多く、離乳食の完了は生後13~15ヶ月が最も多…

妊活中の睡眠!上手に睡眠時間をとって妊娠力をアップさせる方法とは?

妊活に最も良い睡眠時間は何時間なの?妊活と眠る時間の関係性は? 妊活中の方にとって睡眠時間は何時間くらいが適切な時間なのでしょうか? よく、美容や健康のためには8時間は寝た方が良い!という昔ながらの定説がありますが、これは妊活においても当てはまるのかということは注目すべきポイントです。 …

妊娠中期のおりもの変化!もしかして異常?量は多い?色の変化は?

看護師・助産師  上掛 貴世子 妊娠中期はおりものの量が多いもの? 妊娠中は、エストロゲンの作用により、誰しもおりものが増加しやすい傾向にあります。妊娠中のママの体は、おりものを分泌することで、膣内への細菌侵入を防いでくれているのです。 また、妊娠にともない新陳代謝が活発になるため…

胎教絵本おすすめランキング!読み聞かせはいつから?効果や読み方は?

胎教アドバイザー埼玉県代表・富士見市母子保健推進員 釜谷 鈴(かまや れい) 胎教って本当に効くの??絵本を読みきかせる効果は?? お腹の赤ちゃんに本を読むことって、本当に意味があるのか不安ですし、初めはとても滑稽に思えますよね。しかも初めてのお子さんであれば、保育や教育関係のお仕事でも…

母子家庭のママがもらえるお金一覧!申請方法や金額はどう?

離婚後にシングルマザーがもらえる手当ては? シングルマザーがもらえる手当てとしては、離婚には関係なく貰える児童手当、離婚してからもらえる児童扶養手当、ひとり親家庭等医療費助成制度、寡婦控除があります。自治体によっては児童育成手当がもらえるところもあります。 ◆児童手当 児童手当は、ひと…

保育園と幼稚園の金額の違いは?どっちが安いかどう判断したらいい?

保育園の費用はどれくらい?どうやって決まるの? 保育園の費用は、世帯の所得によって決まります。所得は年収ではなく、年収から給与所得控除を引いた所得になります。同じ世帯の所得を合算したものを世帯所得と言い、世帯所得をもとに計算される所得割課税額(住民税の一部)に応じて保育園の費用が決まるよう…

赤ちゃん用品の費用平均はどれくらい?出産準備・出産後にかかるお金は?

出産準備にかかる費用の平均は??出産までに揃えるものは? 出産準備にかかる費用は、大体7割位の方が10万未満で済んでいるようです。全部揃えた場合でも総額は約15万となっています。赤ちゃん用品は、お祝いで貰えることも多いので、15万円まではかからないことが多いです。 出産までに揃えてお…

小学校の入学準備費用!総額は?入学までに必要な物にどれくらいかかる?入学後はどう?

小学校の入学準備費用はどれくらい?平均は? 必要なものを全て購入した場合、小学校の入学準備費用は少なくとも約12~13万はかかってくると考えておくといいでしょう。 まず、主な準備物として学習机とランドセルがありますが、この二つはおじいちゃんおばあちゃんからプレゼントされることも多いので、…

子供の習い事費用の平均はどれくらい?かけるお金の目安は?

子供の習い事にかける平均の金額は?統計調査は? 平成26年度文部科学省「子どもの学習費調査」による公立の小学生を対象に行ったアンケートでは、学校以外にかかっている教育費は、月に1万8000円となっています。これは、学習机や問題集、文庫本なども含まれている金額となっています。 私立の場…

注目の専門家

注目の専門家

保健師・赤ちゃん発達アドバイザー

佐藤 千穂美

今週のピックアッププロフェッショナル

今週のピックアッププロフェッショナル

ウェディングアドバイザー

有賀 明美

プロフェッショナル一覧

プロフェッショナル募集

» 続きを読む

ピックアップ記事

ピックアップ記事

【子育て貧困世帯】子どものためにパパ・ママが知っておきたい育児支援まとめ


近年、問題になっている「子どもの貧困化」。
子どものために今、何ができるのでしょうか。

今回は、「子どもの貧困化」が進む今だからこそパパ・ママに知ってほしい育児支援やサービスについてご紹介します。

女性のための債務整理!家族に内緒で借金問題を解決する方法
広告
専業主婦でも借りられるカードローン特集!夫に内緒で即日借入ならココ!