子供 可愛くない

子供が可愛くない!どうしたらいい?改善するための4つの方法

自分の子供は手放しに可愛いものと世間では思われがちですよね。 しかし、自分の子供でも「可愛くない」と思ってしまうことありませんか!? 育児をしていれば、人それぞれ、いろいろな壁が立ちふさがることがあるものです。 子供を育てるうえで、全く悩みがないというママの方が少ないのではないでしょうか。 …

飛行機 子供

飛行機で子供が騒がない!オススメの対策やアイテム3つ

快適な青空の旅で、あっという間に目的地に連れて行ってくれる飛行機。 なかなか乗る機会もないので、私はいい年になっても、空港の雰囲気をはじめ、手続きに荷物検査、離陸や着陸の瞬間に至るまで飛行機に関する全てのことに毎回ワクワクしてしまいます。 しかしながら、飛行機の中は密室。 一度地上を離れた…

子供の絵

増えると大変な子供の絵!簡単にスッキリ保管する3つの方法

子供の描いた絵は、我が子の成長がみてとれるものの1つです。 子供が家族の絵なんか描いてくれると、ママやパパはとても嬉しいですよね。 でも、こういう絵って、幼稚園や保育園に通いはじめると、どんどん増えていきます。 「子供がせっかく頑張って描いてくれたものだし、思い入れのあるものは特に捨てにく…

おしゃれで可愛い!簡単にできる子供のヘアアレンジとは?

夏真っ盛り!近所や保育園・幼稚園での夏祭りが行われる時期ですよね。 浴衣って普段なかなか着る機会がなく、子供もわくわく楽しみにしています。 そんな非日常の行事をより楽しむためにも、普段の髪型のままで参加するよりもちょっとひと手間加えてあげませんか? 髪も華やかになり、子供のテンションもアップす…

妊娠中の尿蛋白は大丈夫!?尿蛋白が出る原因は?

尿蛋白が出たときの対策!食事や生活面での改善法は? 妊娠中にタンパク尿が出たら2通りの可能性が考えます。 1つは妊婦さんの身体が疲れている時、又は何らかのストレスがある状況でたまたまでるタンパク尿。タンパクの尿に出ている量もわずかであり妊娠の異常とは考えられないも…

子どものお小遣いはいつからあげるべき?平均は?金銭教育はどうするべき?

子どもへのお小遣いはいつからあげればいい? 「お小遣いはいつからあげれば良いか?」と悩んでいるお父さん・お母さんも多いようです。「早すぎると教育によくないのでは?」と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、お小遣いは子どもがお金に興味を持ち始めたタイミングから始めて問題ありません。 また、幼…

子どものお年玉いくらあげるべき??相場は?

お年玉の相場ってどれくらい? お年玉で、1人の大人が子どもに渡すお金の相場は気になりますよね。住信SBIネット銀行が行った「お年玉に関する意識調査」では、 ・小学校1年生〜3年生 50%以上の人が1000円〜3000円位 ・小学校4年生〜6年生 40%が1000円〜3000円、もう…

子育て世帯の家計簿診断法!苦しい家計を楽にする管理の仕方や貯金法って?

子育て世帯の家計簿診断法!見直しすべきポイントを見つけるには? 家計を見直すポイントを見つけるには、まずは家計の支出を把握することです。毎日細かく家計簿を付けなければならないというわけではありませんが、毎月にいくら、どういうものに使ったかという月別収支は把握しておきましょう。例えば1ヶ月分のレシー…

子育て世帯が夢のマイホームを実現!費用はどれくらい?購入時期は?

子育て世帯のマイホーム、購入費用は平均どれくらい? 住宅金融機構「2014年度フラット35利用者調査」によるとマイホームの購入費用は、マンションだと全国平均3968万円。土地付き注文住宅で平均3743万円です。東京都が一番高く、マンションでは平均4875万円、土地付き注文住宅だと平均5403万円で…

子育てママのお小遣い稼ぎ!専業主婦でもできる在宅ワークやアンケートモニターって?

子育て中のママでも無理なく続けられるおすすめのお小遣い稼ぎは? 「子育てしながらでも働きたい」「お小遣い稼ぎがしたい」という方も多いと思いますが、実際に働くとなると、時間も体力も必要になり、子育てとの両立ができるかどうか不安ですよね。しかし、最近では気軽に在宅ワークができるインターネットのお仕事サ…

注目の専門家

注目の専門家

保健師・赤ちゃん発達アドバイザー

佐藤 千穂美

今週のピックアッププロフェッショナル

今週のピックアッププロフェッショナル

ウェディングアドバイザー

有賀 明美

プロフェッショナル一覧

プロフェッショナル募集

» 続きを読む

ピックアップ記事

ピックアップ記事

【子育て貧困世帯】子どものためにパパ・ママが知っておきたい育児支援まとめ


近年、問題になっている「子どもの貧困化」。
子どものために今、何ができるのでしょうか。

今回は、「子どもの貧困化」が進む今だからこそパパ・ママに知ってほしい育児支援やサービスについてご紹介します。

女性のための債務整理!家族に内緒で借金問題を解決する方法
広告
専業主婦でも借りられるカードローン特集!夫に内緒で即日借入ならココ!