赤ちゃんが笑わない・・・自閉症の可能性はある?原因は?

近畿大学医学部堺病院小児科講師 柳田 英彦(やなぎだ ひでひこ) 赤ちゃんが笑うのはいつから?3ヶ月・4か月目で笑わないのは心配すべき? 生まれて間もない赤ちゃんは笑いません。ただ、“新生児微笑”というのがあります。これは、生後0から2か月までに見られるもので、眠っている時に急に笑ったよ…

ベビーシッターの正しい選び方!探すときチェックすべきポイントは?

フリーランスベビーシッター 笹本 沙紀(ささもと さき) ベビーシッターの正しい選び方!探すときチェックすべきポイントは? 自治体のサポート以外でベビーシッターを探そうとした時、一番初めに検索サイトで"ベビーシッター"と検索するのではないでしょうか。インターネットで探してみるとシッター会…

赤ちゃんのスキンケア方法!いつからいつまで必要?オイルやクリームはどうやって選ぶの?

ベビーマッサージ・ベビースキンケア・マザーリトミック講師 井上 祐子(いのうえ ゆうこ) 赤ちゃんのスキンケア時期!いつからいつまで必要? 「赤ちゃんの頃のスキンケアが、一生のお肌を決める。」と言っても過言ではないほど、最近では赤ちゃんのときからのスキンケアの重要性が、明らかになってきま…

トイレトレーニングのはじめ方!パンツやおまるはいつから?男の子・女の子で注意すべきことは?

トイレトレーニングはいつから始める?「3歳を過ぎてもおむつ」は心配すべき? トイレトレーニングは、春から夏にかけての温かい時期にやるのがおすすめです。さらに、秋が始まる前におむつを外してしまうのが一番ベストです。なぜなら、この時期なら、パンツ一つになっても風邪をひかないというメリットが…

赤ちゃんの首が座る時期は何ヶ月から?首がすわるまで注意すべきことは?

赤ちゃんの首が座る平均時期や目安は?早い人で何ヶ月から? 新生児の首がすわる時期は、生まれた時の体重にもよりますが、生まれてから3ヵ月位が目安です。遅い子だと、4ヵ月くらいの子どももいます。 首が座るまでに注意することは、必ず大人が手を添えてあげる、ゆすらないということがポイントです…

赤ちゃんの歯磨きってコツはある?嫌がるときはどうしたらいいの?

赤ちゃんの歯磨きはいつから?はじめは歯磨きシートの方がいいの? 子育てがはじめてで赤ちゃんの歯磨きはわからないことだらけという方も多いでしょう。しかし、生まれた時から授乳をしていて、お口の中を常に綺麗にしてあげるので、厳密に言えば歯磨きはその時から始まっているんです。ガーゼでお口の中を…

保育園に入るコツ!入所できる条件や基準は?申請から入るまでの流れって?

保育園は、なぜ入りにくくなってしまったの?? 現在、待機児童の問題が大きくなっていますがその理由は何なのでしょうか。一番大きい問題は、一極集中になっていることです。都会で勤務する保護者が増えれば、どうしても東京都内や大阪市内に入園希望する人が一極集中してしまいます。みんな同じところに入…

おむつかぶれの予防法は?薬やクリーム、ベビーオイルはぬったほうがいいの?

おむつかぶれを繰り返すのはなぜ?原因は? オムツかぶれを繰りかえす原因としては、オムツを替えてない、頻度が少ないことが考えられます。勿体ないからと言って替える頻度が少ないために、真っ赤にかぶれてしまうという子は意外と多いです。オムツかぶれが気になるようなら、まずは頻繁におむつを取り替え…

男の子の習い事のおすすめランキング!可能性を伸ばす習い事の選び方とは?

習い事はいつから始めるべき?? 男の子は習い事を始めるのが早くても遅くても良くないようなので、ある程度自分の意見が言える4〜5歳位の年齢から始めるのがいいでしょう。 男の子は競争やライバル意識が高く、習い事で新しく入ってきた子をいじめてしまうこともあるようです。特に、親から言われてい…

女の子の習い事のおすすめランキング!子どもに合ったおけいこの選び方とは?

女の子の習い事、最近は何が人気?? 最近の女の子がやっている習い事では、英語とバレエが多いです。バレエの人気が高いのは、スケートが流行っていることが関係しているようです。バレエを習ってからスケート選手になっている方も多いので、その影響はあります。 また、最近では小学校1年生の授業…

注目の専門家

注目の専門家

保健師・赤ちゃん発達アドバイザー

佐藤 千穂美

今週のピックアッププロフェッショナル

今週のピックアッププロフェッショナル

ウェディングアドバイザー

有賀 明美

プロフェッショナル一覧

プロフェッショナル募集

» 続きを読む

ピックアップ記事

ピックアップ記事

【子育て貧困世帯】子どものためにパパ・ママが知っておきたい育児支援まとめ


近年、問題になっている「子どもの貧困化」。
子どものために今、何ができるのでしょうか。

今回は、「子どもの貧困化」が進む今だからこそパパ・ママに知ってほしい育児支援やサービスについてご紹介します。

女性のための債務整理!家族に内緒で借金問題を解決する方法
広告
専業主婦でも借りられるカードローン特集!夫に内緒で即日借入ならココ!