妊活の平均期間ってどれくらい?妊活の基本と心構えとは?

妊活アドバイザー 笛吹 和代(うすい かずよ) 妊活を頑張る目安!平均どれくらいで妊娠できる? 妊活を頑張る1つの目安として、子どもが欲しいなと望んで半年から1年。この間に80%の女性が妊娠すると言われています。さらに2年経つと90%の女性が妊娠すると言われています。ですから、1年~2年…

妊活中は冷え性に注意!体が冷えやすい人におすすめの対策&改善法をご紹介!

妊活アドバイザー 笛吹 和代(うすい かずよ) 妊活中、体が冷えるとなぜ妊娠しにくくなるの? 冷えるということは体の中を血流が十分にめぐっていないことが原因です。血流が十分でないということは、子宮も血流が不足している状態になります。そうすると、ホルモンの巡りも悪くなり、子宮内膜が十分に育…

妊娠は高齢だとリスクが高い??難産・トラブルの可能性はどう??

妊活アドバイザー 笛吹 和代(うすい かずよ) 高齢出産が不安!40代・50代の出産が危ないと言われる理由は? 40代・50代の女性は、普通に生活していても、若い女性と違って、生活習慣病など、様々な症状が出やすい年代です。高血圧や糖尿病、脂質異常、動脈硬化なども出やすい年齢なので、その年…

排卵・受精・着床の期間・日数は?知っておきたい妊活の基本

妊活アドバイザー 笛吹 和代(うすい かずよ) 妊娠までの流れを解説!知っておきたい妊活の基本は? 妊娠するには、排卵前に先に精子が卵管に到達している方が優位だと言われています。そのため、排卵日だけ狙って夫婦関係を持っても、実はそこまで妊娠率は上がらないので、排卵日より何日か前に夫婦関係…

不妊とコーヒーは関係ある?コーヒーが原因で不妊になることってあるの?

妊活アドバイザー 笛吹 和代(うすい かずよ) 不妊とコーヒーは関係ある?コーヒーが原因で不妊になる可能性は? コーヒーと不妊の因果関係自体は科学的に証明されていませんが、カフェインは交感神経を刺激すると言われています。交感神経ばかり優位に傾くと、自律神経のバランスが乱れるので、それが不…

人工授精の手順は?授精までの流れや赤ちゃんができるまでの期間は?

妊活アドバイザー 笛吹 和代(うすい かずよ) 人工授精とは?どんな不妊治療なの?成功率は? 人工授精は、採取した精液を洗浄して濃縮した精子を子宮内に入れる方法です。もともと人工授精は、男性の精子の数が少ない時、もしくは奇形率が多い時に適用されるので、少しでも濃くなるように、不純物やいら…

幼稚園の子供のトラブル!よくあるケースと対処法って?

子育てアドバイザー 林 真咲(はやし まさき) 子供同士のよくあるトラブルは?トラブルが起きたとき、親はどう対応すべき? 保育園や幼稚園でよくあるトラブルは、喧嘩中のかみつきやひっかきなど、傷が残ってしまうものです。 保育園や幼稚園など、親の見えない状況で起こったトラブルのほとんどの部…

赤ちゃんが笑わない・・・自閉症の可能性はある?原因は?

近畿大学医学部堺病院小児科講師 柳田 英彦(やなぎだ ひでひこ) 赤ちゃんが笑うのはいつから?3ヶ月・4か月目で笑わないのは心配すべき? 生まれて間もない赤ちゃんは笑いません。ただ、“新生児微笑”というのがあります。これは、生後0から2か月までに見られるもので、眠っている時に急に笑ったよ…

ベビーシッターの正しい選び方!探すときチェックすべきポイントは?

フリーランスベビーシッター 笹本 沙紀(ささもと さき) ベビーシッターの正しい選び方!探すときチェックすべきポイントは? 自治体のサポート以外でベビーシッターを探そうとした時、一番初めに検索サイトで"ベビーシッター"と検索するのではないでしょうか。インターネットで探してみるとシッター会…

赤ちゃんのスキンケア方法!いつからいつまで必要?オイルやクリームはどうやって選ぶの?

ベビーマッサージ・ベビースキンケア・マザーリトミック講師 井上 祐子(いのうえ ゆうこ) 赤ちゃんのスキンケア時期!いつからいつまで必要? 「赤ちゃんの頃のスキンケアが、一生のお肌を決める。」と言っても過言ではないほど、最近では赤ちゃんのときからのスキンケアの重要性が、明らかになってきま…

注目の専門家

注目の専門家

保健師・赤ちゃん発達アドバイザー

佐藤 千穂美

今週のピックアッププロフェッショナル

今週のピックアッププロフェッショナル

ウェディングアドバイザー

有賀 明美

プロフェッショナル一覧

プロフェッショナル募集

» 続きを読む

ピックアップ記事

ピックアップ記事

【子育て貧困世帯】子どものためにパパ・ママが知っておきたい育児支援まとめ


近年、問題になっている「子どもの貧困化」。
子どものために今、何ができるのでしょうか。

今回は、「子どもの貧困化」が進む今だからこそパパ・ママに知ってほしい育児支援やサービスについてご紹介します。

女性のための債務整理!家族に内緒で借金問題を解決する方法
広告
専業主婦でも借りられるカードローン特集!夫に内緒で即日借入ならココ!