おめでた婚の準備はこれでカンペキ!スケジュールや式までの流れは?

式場探しはいつから始める??おすすめの時期は? おめでた婚をされる方の多くは、妊娠2・3ヶ月でお腹に赤ちゃんがいることが発覚し、その後お互いのご両親へのご挨拶をされ、結婚の準備に入られます。 そのため、つわりが始まる2~3ヶ月ぐらいの時期に式場探しをされる方が多いです。そして、安定期に入…

結婚式を諦めないで!赤ちゃん・子供とできるファミリーウェディングって?

ファミリーウェディングとは? ファミリーウェディングとは、子供が産まれてから家族で挙げる結婚式です。 結婚式のタイミング逃して、もう挙げなくてもいいかなと思っていたけれど、子供に「ママのドレス姿を見たい」と言われたり、ファミリーウェディングの写真を見て、「こういうのやってみたい」と興味を持つ…

妊娠中の結婚式ってどう?カリスマウェディングプランナーのおめでた婚ガイド

妊娠中の結婚式の時期は?いつまでなら大丈夫? いつまでに挙式するべきかという決まりはないですが、おすすめは5~6ケ月頃です。中にはそれ以降に挙げられる方もいらっしゃいますが、8ヶ月目に入ると動くのも一苦労で、長時間式に参加することが辛そうな方が多いと感じます。 逆に3〜4か月だとまだ体調…

産後の結婚式はいつからOK?ベストな時期や注意点は?

産後の結婚式はいつからOK?おすすめの時期や準備を始めるタイミングは? ご自身の体調にもよりますが、少なくとも産後半年は体を休ませることに専念しましょう。挙式時期の目安としては産後1年くらいの頃がおすすめです。 早い方だと、産後半年でする人もいますが、体型を戻してから、式を挙げたいという…

妊婦さんのウェディングドレス!選び方や人気のデザインは?

お腹が大きくても大丈夫??ドレスをきれいに着られる? 今は、結婚式を挙げる3〜4割ぐらいの方がおめでた婚という時代になってきているので、妊娠中でもお腹が目立たず、ナチュラルに着られるドレスも充実しています。 くびれが強調されるようなタイトなデザインだとお腹を隠すことが難しいですが、デザイ…

妊婦さんが結婚式に参列する際の注意点!服装選びや事前準備は?

妊婦さんはいつまでなら結婚式に参列していい?臨月でも大丈夫? 実際、臨月の方の参列はあります。 臨月となると早産の心配がないため、どちらかといえば、つわりなどで体調が不安定な妊娠初期の方が参加を遠慮するケースの方が多いかもしません。 妊婦さんが参列する上で大事なことは、新郎新婦に今何ヶ…

赤ちゃんや子どもを連れて結婚式に行ってもOK?マナーや注意点は?

赤ちゃんや子どもを結婚式に連れて行くのは迷惑?赤ちゃんはいつから連れて行ける? 結婚式に子どもを連れていくとなると「迷惑にならないだろうか?」と心配になりますよね。しかし、年々結婚式を挙げる方の年齢が高くなっていて、お子様がいるゲストの方が非常に多くなってきています。それに伴い、お子さまにも来…

ランドセル

ランドセルの素材と特徴-賢いランドセルの選び方

1.6年間使うからこだわりたい!ランドセルの素材選び 昔は男子は黒、そして女子は赤いランドセルを持って学校に行くことが当たり前でしたが、嬉しいことに今では様々な色、素材、形のバリエーションが豊富に用意されています。 一人一人違ったランドセルを持つことで、子供は愛情を感じたり、自立した一人の人間と…

授かり婚のカップルに喜ばれるプレゼントランキング!失敗しない選び方は?

結婚祝いのプレゼントの相場はどれくらい? 平均的な結婚祝いの値段は、3,000円~1万です。お友達なのか親族かによって金額も変わってきますが、平均して5千円くらいのものを選ばれる方が多いと思います。 授かり婚の場合は、結婚式に出たときに結婚祝いとしてご祝儀も渡すので、プレゼントは、結婚祝…

便利な赤ちゃんのお風呂グッズならこれ!便利すぎるアイテム8選!

便利グッズがあればお風呂はもっと楽々! 生まれたての赤ちゃんであればお風呂は沐浴、1ヶ月もするとベビーバスを卒業し、パパママと一緒にお風呂に入るようになります。新生児のベビー時期も、一緒におふろに入るようになってからも、なかなかスムーズに行かないのが赤ちゃんとのバスタイム。 そこで活用したい…

注目の専門家

注目の専門家

保健師・赤ちゃん発達アドバイザー

佐藤 千穂美

今週のピックアッププロフェッショナル

今週のピックアッププロフェッショナル

ウェディングアドバイザー

有賀 明美

プロフェッショナル一覧

プロフェッショナル募集

» 続きを読む

ピックアップ記事

ピックアップ記事

【子育て貧困世帯】子どものためにパパ・ママが知っておきたい育児支援まとめ


近年、問題になっている「子どもの貧困化」。
子どものために今、何ができるのでしょうか。

今回は、「子どもの貧困化」が進む今だからこそパパ・ママに知ってほしい育児支援やサービスについてご紹介します。

女性のための債務整理!家族に内緒で借金問題を解決する方法
広告
専業主婦でも借りられるカードローン特集!夫に内緒で即日借入ならココ!