専業主婦 カードローン 在籍確認

専業主婦で在籍確認なしで借入できるカードローンはあるの?

各銀行によって対応が違うこともありますが、基本的に収入のない専業主婦がカードローンを利用する場合、夫への在籍確認はありません。
カードローンを利用する時には、原則として申し込み者本人を審査します。
そのため、配偶者貸付を利用するからといって、申込者や配偶者の同意もなく、夫が審査対象となることはないと考えられます。
ただ、パートやアルバイトをしているといったケースでは、そのパートやアルバイト先に在籍確認の連絡はあると考えておく必要があります。在籍確認といっても簡単なものなので、それほど心配しなくても大丈夫です。

専業主婦がカードローンに申し込んだ時の在籍確認の方法は?

パートやアルバイトをしている専業主婦の場合には、どのような方法で在籍確認がおこなわれるのかというと、それは電話です。
職場に電話連絡をすることで、まず申込書に記入された会社が実在するかどうかの確認ができます。
そして、その職場への電話に申込者が出れば、申込書に記入された会社に勤務していることが確認できるというわけです。
金融機関では、このように申込書に記入された事実関係をしっかりと確認しています。
そのため、金融機関にとっては、この在籍確認はとても重要なポイントとなると考えられます。
多くの金融機関が、この在籍確認を審査の最終的なポイントとしているところも多いようで、この審査を無事に乗り切れば、審査にほぼ通ったと言えるでしょう。

 

専業主婦 カードローン 在籍確認

専業主婦がカードローンに申し込んだ時の在籍確認のタイミングはいつ?

パートやアルバイトをしている人にとって、在籍確認はどのタイミングであるのかと心配になってしまいますよね。
この在籍確認は、審査の最終段階でおこなわれることが多いようです。
そのため、申し込み直後に、職場へ連絡が入るといったことはないと考えられます。
申し込みをすると、まずあるのが本人確認の連絡で、申込書に記入した携帯番号や自宅の電話番号に連絡が入ります。
この後に信用情報などの確認などをして、問題がなければ、勤務先に連絡をして在籍確認をおこないます。
銀行の在籍確認では、銀行名でかかってくるケースが多いので、もし個人名で電話をかけてほしいという人の場合には、申し込み直後に相談しておくことをおススメします。

専業主婦のカードローンの在籍確認で落ちるのはどんな時?

在籍確認の電話に出られないと、「審査に落ちるのではないか」と心配になりますよね。でも、電話に出られなかったといって審査に落とされることはありません。
職場の人が、「今外出中です」「席を外しています」などと答えてくれれば、その会社に勤務している事実を確認できます。
では、在籍確認の連絡で審査に落ちることはないのでしょうか?
実は、在籍確認の連絡で審査に落とされることは稀ですがあります。
落とされる原因は、在籍しているという確認が取れないなどの場合です。
申込書に記入した職場の電話番号が間違っていたり、個人情報保護のために答えられなかったりした場合には、確認が取れないため審査に落とされる可能性はあります。

専業主婦のカードローンで在籍確認不要の場合はどんな時?

パートやアルバイトなど、仕事をしている主婦のケースでは在籍確認が必ずおこなわれると考えておく必要があります。一方、仕事をしていない専業主婦は、基本的に在籍確認はおこなわれません。
審査対象は申込者本人となるため、仕事をしていない専業主婦のケースでは当たり前とも考えられます。
また、代替措置を利用すれば在籍確認不要となる場合もあります。
代替措置とは、社員証や社会保険証、在籍確認証明書など、電話での確認ではなく書類を提出することで、勤務先を確認してもらうという方法です。
どうしても在籍確認をされたくないという人、個人情報保護のために電話をかけてきても答えてもらえない職場に勤務しているという人は、この代替措置を相談してみましょう。

専業主婦のカードローンで在籍確認時に不在だった場合はどうなる?

在籍確認では、本人が出なくても、職場に勤務しているという事実確認ができれば問題ありません。
仮に平日に仕事が休みで、その休みを利用して申し込んだ場合、金融機関が勤務している会社に電話をかけて、職場の人が「今日は出勤日ではない」と伝えるだけで十分確認はできます。
基本的には、在籍確認は本人が出ることが重要です。ただし、ほとんどの金融機関では、本人が出なくても勤務している事実が確認できれば、この在籍確認は終了としているようです。
そのため、どうしても在籍確認の電話に出たくないという人は、事務員の人に、「銀行から保険やクレジットカードの申し込みでの確認がある」と事前に言っておくと上手く対応してもらえます。

専業主婦のカードローンで在籍確認をしないキャッシング方法は?

無収入の専業主婦の場合には、総量規制の関係で消費者金融を利用できません。しかし、パートやアルバイトをしているなら、安定した収入があることで消費者金融を利用できます。
消費者金融は銀行カードローンよりも金利が高く、あまりメリットがないように感じます。でも、在籍確認が気になる人にとって消費者金融は強い味方となってくれます。
代替措置を利用しようとしても、銀行では対応してくれないケースがほとんどですが、比較的、柔軟に対応してくれるのが消費者金融です。
これは大手の消費者金融でも同じなので、在籍確認なしでキャッシングを利用したいという時には、代替措置を相談してみましょう。