専業主婦 総量規制

総量規制とは?どういう意味?

消費者金融の利用を考えている人の多くが、総量規制という言葉を目にすることがあると思います。 よく総量規制という言葉を目にするけど、いったいどのようなものかと思っている人もいるのではないでしょうか。 総量規制というのは、貸金業者に適用されている貸金業法という法律で規定されている、利用者の年収に応じて融資をしようという仕組みです。 この総量規制では、年収の三分の一以上の融資をしてはいけないことになっています。 これは一社からの借入ではなく、貸金業者全ての借入額が年収の三分の一までということです。 貸金業者である消費者金融からお金を借りる時には、この法律に沿った形で融資を受けることになります。

そもそも総量規制というルールはなぜ設けられたの?

消費者金融を利用しようとしている人や、これから利用しようと考えている人にとって、この総量規制が厄介と感じる人もいるでしょう。
そもそもなぜこんな総量規制というルールが設けられたのかというと、貸金業法が改正されるまでは、消費者金融からの借入によって、生活が破たんしてしまうという人が多くいたためです。
その多くが、借り過ぎによって起こっていたため、年収の三分の一までに規制することにより、生活破たん者を少しでも減らすことができればと作られた法律です。
そのため、この総量規制は消費者を守るためのしくみと考えることができます。

総量規制の基準はなに?

総量規制の基準はズバリ年収です。
年収の三分の一までの融資となるため、利用者の年収がこの総量規制の基準となり、自分の収入に合った融資しか受けることができません。
ポイントが年収となっているため、職業や雇用形態などは、総量規制で問われることはありません。
審査に通りやすいのは、公務員や大手企業に勤めている人と良く言われていますが、この総量規制では職業や雇用形態などの基準がないため、パートやアルバイトの人でも、その人の年収に応じた融資を受けることができます。
年収が基準となるため、そもそも年収のない人には融資は受けられません。

 

総量規制 年収

専業主婦は総量規制の対象になるの?

総量規制ができる前は、専業主婦でも消費者金融を利用することができました。しかし、収入によって融資額を決める総量規制ができてからは、収入そのものがない専業主婦に対しては原則として融資ができない状態となりました。
ただ、この総量規制には例外や除外となるケースが設けられています。その中の一つが配偶者貸付制度です。この制度を利用することで、専業主婦でも消費者金融から融資を受けることは可能です。
しかし、様々な書類を提出する必要があり、大手消費者金融では、この配偶者貸付を受け付けていません。
この配偶者貸付を利用したいと考えている人は、中小消費者金融を利用する必要があります。

総量規制対象外の銀行カードローンは専業主婦でも借入可能?

総量規制は貸金業法によって定められているもので、銀行法で営業している銀行では、この総量規制の対象外となっています。
総量規制の対象外の銀行カードローンは専業主婦でも利用できるのでしょうか。
銀行カードローンの中には配偶者貸付を利用できるものもあり、そのようなカードローンでは収入のない専業主婦でも利用できます。
専業主婦が家計を管理しているというご家庭は少なくありません。急な出費の時には金融機関からお金を借りたいということもあるでしょう。
そんな時には、消費者金融ではなく、銀行カードローンであれば利用可能です。

総量規制の適用範囲とクレジットカードの関係は?

総量規制は貸金業者に対して適用されているしくみです。
では、この貸金業者とはどのような金融機関なのでしょうか。
消費者金融をはじめ、クレジットカードなどを発行している信販会社なども貸金業者となります。
そのため、クレジットカードの利用でも、総量規制の対象となることもあるのです。
ただ、銀行が発行しているクレジットカードの場合には、総量規制の対象外となるため、クレジットカードのキャッシングを年収の三分の一以上借りたからといって問題はありません。
なお、クレジットカードのショッピング枠は、総量規制の対象外です。

消費者金融で総量規制対象外になることはない?

消費者金融のような貸金業者に適用されている総量規制ですが、配偶者貸付制度のように、例外や除外といったものもあります。
この例外や除外にあてはまるのであれば、総量規制の年収の三分の一までといった制限もなく融資を受けられることになります。
例えば、自動車や不動産を購入するためのローンや、不動産担保貸付や有価証券担保貸付などは「除外」のローンとなるため、年収の三分の一以上の融資が受けられます。
「例外」では、配偶者貸付以外にも様々な対象となるものがあります。
例えば、借り換えです。
利用者にとって有利になるような借り換えは、年収の三分の一以上の借入が可能となっています。

総量規制外のカードローンはどこ?

総量規制外のカードローンとは、銀行が提供するカードローンです。
銀行では、銀行法により営業しているため、どこの銀行でも総量規制外の融資を受けることができます。
総量規制が適用されている金融機関では、年収の三分の一までの借入しかできませんが、銀行ではそれ以上の借入をすることができます。
また、総量規制外ということもあり、収入のない専業主婦でも利用できるカードローンがあります。
専業主婦が利用できる銀行のカードローンとしては、三菱東京UFJ銀行カードローン、みずほ銀行カードローン、楽天銀行スーパーローン、イオン銀行カードローンなどがあります。