専業主婦 カードローン 必要書類

専業主婦のカードローンの審査に必要な書類はなに?

消費者金融では総量規制があるため、原則収入のない専業主婦は利用することができません。
総量規制の例外として設けられている配偶者貸付を利用すれば、お金を借りることができますが、その際には夫の収入証明書や同意書、婚姻関係がわかる書類が必要です。
しかし、総量規制の対象外である銀行では、これらの書類も必要なく、配偶者貸付を利用することができます。
専業主婦も利用できるカードローンを提供している銀行の多くが、本人確認書類だけ用意すれば利用することができるのです。
専業主婦といっても、銀行なら他の利用者と変わらない申し込み方法でカードローンを利用することができます。

収入証明書が不要なカードローンは?

専業主婦は、自分に収入がないため配偶者に安定収入があることがカードローンの利用条件となっています。
そのため、収入証明書などが必要になるのではないかと不安になってしまいますが、多くの銀行カードローンでは収入証明書の提出は不要です。
どうして配偶者の収入があることが条件となっているのに、収入証明書も不要で融資してくれるのでしょうか?それは、専業主婦がカードローンを利用する場合、利用限度額が限られているためです。
通常専業主婦では、30万円や50万円までと、融資額が少額になるため、収入証明も必要なく銀行ではお金を借りることができます。

自宅に郵送物が届かずに利用できるカードローンはある?

専業主婦の中には、夫に知られることなくカードローンを利用したいという人もいるのではないでしょうか。
そんな人が心配になるのが自宅への郵便物です。
審査に通り、ローンカードが自宅に届けられ、その郵便物を夫が確認してしまえばカードローンを利用していることがバレてしまいます。
専業主婦でも利用できる、みずほ銀行やイオン銀行では、銀行口座を持っていれば、今持っているキャッシュカードにローン機能を追加することができます。
これならカードが郵送される心配もありません。
また、三菱東京UFJ銀行ならテレビ窓口によってカードを受け取ることができます。
自宅にカードを郵送されたくないという人は、このような銀行を利用することが大切です。

 

カードローン 郵送物

必要書類の提出方法は?郵送以外でできる?

必要書類の提出方法は郵送以外にもいくつか方法があります。
最近では、ネット上で手続きが完了するWeb完結申し込みが利用できるカードローンもあり、このようなサービスを提供している銀行では、スマホやカメラで撮影した書類をメールによって送る方法で手続きを済ませることができます。
また、テレビ窓口が利用できる銀行なら、その窓口で必要な書類を提出してその場で契約まで済ませることができ、すぐにカードを受け取ることも可能です。
その他にもFAXなどを利用できるところもあり、自分が提出しやすい銀行を選ぶことで、手続きも簡単に済ませることができます。

身分証明書がなくてもカードローンの審査は通る?

金融機関でキャッシングやカードローンを利用するときに必ず必要になるのが、本人確認書類です。
この本人確認書類は身分証明書となる書類で、この書類がなければ審査に通ることはまずありません。
また、申込みをした後には、本人確認の連絡があります。
この連絡は本当に本人が申し込んだのかを確認するためのものです。
本人確認書類を不正利用する人もいるため、このような確認もおこなわれます。
このように、金融機関でお金を借りる場合には運転免許証や健康保険証、パスポートなど、身分証明書となる書類は必ず必要になることから、申込みをする際にはあらかじめ準備をしておきましょう。

いくらまでなら収入証明書がなくてもカードローンの審査ができるの?

各金融機関によって異なりますが、通常カードローンでは一定額以内なら収入証明書の提出は不要となっています。
とくに、限度額が低く設定される専業主婦のケースでは、収入証明書が必要になるようなお金を銀行で借りることはできません。
三菱東京UFJ銀行のバンクイックや新生銀行カードローンレイクなどでは限度額30万円まで、みずほ銀行カードローンやイオン銀行カードローンなどでは50万円までと決められていて、この限度額なら収入証明書の提出は必要ありませんし、専業主婦ではこれ以上の借入はできません。
このように、専業主婦のケースでは収入証明書を提出することなく、お金を借りることができます。