専業主婦 カードローン 審査

専業主婦のカードローン審査ってどんなもの?

収入のない専業主婦の多くが抱える不安が、自分でも本当に審査に通るのかということではないでしょうか。
パートやアルバイトなど少額でも安定した収入があるのならともかく、全く自分で収入を得ていない専業主婦にとって、審査に本当に通るのかと不安になってしまいますよね。
専業主婦が通常の申し込み方法で利用できる金融機関は、消費者金融ではなく銀行です。貸金業法という法律で、総量規制というしくみが導入されているため、消費者金融では、原則、収入のない専業主婦に対して融資はしていません。
この銀行の審査では、通常行われる在籍確認などもなく、自分の本人確認書類や自分の信用情報をもとに審査されることになります。

 

 

専業主婦でカードローンの審査に通る人と通らない人との違いは?

専業主婦でも利用できるカードローンを利用したのに、審査に通る人もいれば、通らない人もいます。
この違いには何があるのでしょうか?
まず多くの人が審査に落ちてしまうケースとして、申込書の記入ミスがあります。
この申込書に記入ミスがあれば、審査に落ちる可能性は高くなります。
申込みをして本人確認の電話で、この申込書の内容も確認することになるのですが、ここで違いがあればどうしても信用を失うことになります。
だからといって本人確認の電話で嘘をついてもいいというわけではありません。
また、申込書に虚偽の記入も厳禁です。
申込書の記入は慎重におこない、正確に記入をすることが審査に通るためのポイントです。

専業主婦でも融資可能な審査が甘いカードローン選びのポイントは?

どこの金融機関でも審査はしっかりとおこなうため、どこの審査が甘いというわけではないのですが、選び方のポイントとしては、専業主婦でも積極的に融資をしている金融機関を選ぶことです。
専業主婦でも対象としている銀行カードローンは意外に多くあります。
ただし、専業主婦を融資対象としている銀行は複数あるとはいえ、それぞれの銀行が、どれだけ積極的に融資をしているかどうかは疑問点です。
一応対象とはしているけれど、積極的に融資はしていない銀行もあれば、専業主婦の人はぜひうちを利用してくださいといった銀行もあると考えられます。
このように考えると、審査が通りやすい銀行は、積極的に専業主婦の融資をしているところです。

専業主婦でもカードローンの審査に通る銀行選びのポイントは?

積極的に専業主婦の融資をしている金融機関を選ぶことができれば、審査には通りやすいと考えられるのですが、ではどうやってその銀行選びをしたらいいのでしょうか。
まずは銀行のサイトを確認しましょう。
銀行のサイトを見ると、専業主婦でも利用できるということをわかりやすく明記しているところもあれば、よく調べてみないとわからないといったところもあります。
この違いで、積極的に専業主婦に融資をしているのか、そうでないかがわかります。
専業主婦が審査に通りやすいところは、利用条件に「専業主婦でも利用できる」と明記されており、積極的に専業主婦の融資をしている銀行であることがわかります。

 

専業主婦 カードローン 選び方

専業主婦がカードローンの審査に通らない理由は?

積極的に専業主婦の融資をしているところでも、審査に落ちることがあります。
申込書の不備によって審査に落とされることもよくあるのですが、そのほか信用情報も重要なポイントです。
信用情報とは、過去の金融機関の利用実績などのことで、過去に金融機関を利用したことがあれば、信用情報機関にその情報が記録されます。
例えば過去に、他の金融機関で延滞や債務整理などを起こしたことがある場合、銀行側としては、どうしても慎重な審査となり、場合によっては、審査に通らないことさえあります。
金融機関を利用してお金を借りる場合は計画的に利用し、確実に返済することが大切です。

専業主婦のカードローンの審査基準は?

そもそも専業主婦のカードローンの審査基準ってどんなものなのと思う人もいるのでは?
収入のない専業主婦に、配偶者の同意書も収入証明書も必要なく、本人確認書類だけで融資をしているとなると、本当に審査をしているのかと疑ってしまいますよね。
しかし一般的に、専業主婦というだけで、生活していくだけの十分な収入が、夫にあると把握することができます。
また、専業主婦のカードローンは限度額が低く設定されているため、銀行も融資がしやすいと言えるでしょう。
これらのことからも、専業主婦のカードローンは、申込書に不備がなく、信用情報に金融事故の情報がなければ、比較的審査に通りやすいと考えられます。

専業主婦がカードローンの審査落ちしたらどうすれば良い?

カードローンが利用できれば、お金が足りないという時でも、コンビニATMを利用していつでもお金を借りられるのでとても便利です。
もしものために、カードローンを準備しておこうと思ったのに、審査に落ちてしまっては、意味がありません。また別の銀行に申し込みをする必要があります。
この時に注意したいのが、すぐに複数の金融機関に申し込みをしないということです。
同時に複数の金融機関に申し込みをしたことや、審査に通らなかったことなどは、信用情報に記録をされます。
審査の担当者は、申込記録があるのに契約記録がなかったりすると、他社で貸してもらえなかったのではないかと疑ったり、お金に困って、貸し倒れの可能性があるのではないかと考えたりします。
ただし、信用情報はいつまでも記録されているわけではなく、保存は6ヵ月です。ですから、複数同時に申し込む場合は、1~2社にとどめ、再び申込みをするならば6ヶ月以上経ってからにすることをオススメします。

専業主婦でも即日融資してもらえるカードローンは?

急にお金が必要になれば、すぐにでもカードローンを利用してお金を借りたいものです。
この時に助かるのが即日融資に対応している銀行です。
みずほ銀行や楽天銀行、イオン銀行などでも専業主婦に融資をしていますが、口座開設が必要となり、口座を持っていないと即日融資は難しいのが現状といえます。
オススメなのは三菱東京UFJ銀行のバンクイックです。
テレビ窓口を利用すれば口座開設の必要もなく、平日15時以降や、土日祝日でも利用することができて、しかも低金利のカードローンです。
インターネットからの申し込みも可能で、パソコンやスマートフォンで申込みを済ませ審査回答を聞きます。
審査に通ったという知らせを聞けば、テレビ窓口を利用してカードを受け取ることができ、その日うちにカードを利用してお金が借りられます。