専業主婦 借入 住宅ローン

住宅ローンの審査基準は?

住宅ローンの審査基準としては、申込者の信用情報、勤め先や勤続年数、年収、それと健康状態などもポイントの一つです。 キャッシングやカードローンなどでも必ず確認されるのが信用情報です。 信用情報に、延滞や債務整理などの事故情報が記録されていれば、審査には大きく影響することになります。 また、勤務先や勤続年数、年収も重要です。住宅ローンは返済期間がとても長いため、安定した収入がしっかりと得られるかどうかが審査の大きなポイントとなります。 これら以外に健康状態も重要視されます。たとえば、生命保険などに加入できないような健康状態では、住宅ローンをしっかりと返済できないと判断されてしまうこともあります。

住宅ローン 審査基準

専業主婦の消費者金融やクレジットカードでの借入、住宅ローン審査に影響はある?

マイホームを購入する際に重要になるのが住宅ローンです。
このローンが利用できるかどうかで、夢のマイホームが手に入れられるかどうかも変わってきます。
そんな夢を持っている専業主婦にとって、自分が消費者金融やクレジットカードで借入をしてしまうと、この住宅ローンの審査に影響するのではないかと心配になってしまいます。
しかし、専業主婦の借入はとくに問題ないと考えられます。
住宅ローンはとても大きな借入額となります。
この大きな借入をする場合には、ローンの名義人に一定の収入がある必要があり、審査対象もその名義人本人です。
そのため、収入のない専業主婦は連帯保証人にならない限り、審査対象になることもないと考えられます。

無担保住宅ローンのメリット・デメリットは?

住宅ローンは通常担保が必要となるのですが、中には無担保住宅ローンなるものもあります。
通常担保が必要となる住宅ローンでは、その担保価値などを調べることもあるため、どうしても融資までに時間がかかります。
一方、無担保住宅ローンでは、担保そのものがないため、担保ローンと比べ短期間で融資をしてもらえます。ここが無担保ローンのメリットです。
しかし、無担保ローンは、担保ローンと比べると金利が高い、融資限度額が少ないなどのデメリットがあります。
通常の担保を必要とする住宅ローンと比べると、半分以下の融資限度額と考えておく必要があるでしょう。

住宅ローンの審査で見られる可能性がある信用情報は?

住宅ローンの審査に通るうえでとても重要になるのが個人信用情報です。
この情報は信用情報機関に記録されていて、どこの金融機関もこの信用情報機関に登録をしているため、信用情報を確認することができます。
この信用情報には、過去の金融機関の利用実績が記録されています。過去に長期に渡る延滞や債務整理などの経験がある人は、審査では大きなマイナスポイントとなります。
ただ、この信用情報の確認はマイナス面だけではありません。
今まで金融機関を利用して、確実な返済を続けてきたといった人の場合には、審査では大きなプラスとなります。

自動車ローンがあると住宅ローンの審査に影響はあるの?

自動車ローンがある場合には、このローンが住宅ローンに影響するのではないかと心配になる人もいるでしょう。
ここでポイントとなるのが、借入額ではなく、年間でどのくらいの返済額になるのかという点です。
年間の返済額が50万円といった場合には、借入額が100万円でも500万円でも、審査に与える影響はそれほど変わりがないと考えられます。
住宅ローンでは、返済比率が重要なポイントとなります。
返済比率とは年収に対して、どのくらいの返済割合があるのかを示した数値です。返済比率が25%未満ならとくに問題はないでしょう。
このように、自動車ローンは年間でどのくらい返済しているのかによって、住宅ローンにも影響を与えることになります。

住宅ローンを借りるときに連帯保証人は必要?

住宅ローンでお金を借りる場合、連帯保証人は必要となります。
しかし、連帯保証人は、住宅ローンを組んだ人と同じ責任を負うということもあり、探すのが大変です。
そこで金融機関では、この連帯保証人を保証会社とすることにより、不要としているところもあります。
保証会社の審査を受けて保証料を支払うことで、保証会社が連帯債務者となってくれます。
ただ、夫婦で収入合算して住宅ローンを組むといった場合には、夫名義のローンなら、妻が連帯保証人となるケースがあります。
このほかにも親名義の土地に家を建てるといったケースでは、親を連帯保証人とすることが条件となることもあります。

夫名義で住宅ローンの審査をする際、専業主婦の自分の過去も影響する?

夫名義で住宅ローンを組むといった場合には、審査対象は夫のみとなるため、専業主婦である妻の過去の利用実績などは考慮されないと考えられます。
しかし、これは連帯保証人や連帯債務者が、妻以外の保証会社や親などのケースです。妻が連帯保証人となった場合には、妻も審査対象となるので、過去の金融機関の利用実績も重要になってきます。
このように、専業主婦の金融機関の借入が住宅ローンにも影響を与えることもあります。消費者金融やクレジットカードの利用は慎重におこなうことが必要です。
ただし、確実に返済をしていれば過剰に心配しなくても大丈夫。逆にプラスに働くこともあるので、利用する時には計画的に利用するようにしましょう。