専業主婦 カードローン 限度額

専業主婦のカードローンの限度額が決まる基準は?

カードローンを利用する際には、利用限度額が設定されることになります。
誰でもこの利用限度額を多く設定してほしいものですよね。
では、この利用限度額はどのような審査基準によって決められるのでしょうか?
それは、利用者の信用が大きく関わってきます。

過去の利用実績なども重要視されますし、専業主婦の場合には配偶者の年収も大きなポイントです。

専業主婦でも利用できるカードローンでは、配偶者の同意書も収入証明書も必要ないところもあるのですが、配偶者の年収が高いほど、利用限度額の方も高く設定される可能性があります。
専業主婦の場合、自分自身に収入がないため、どうしても配偶者の年収によってこの限度額が変わってくるわけです。

専業主婦の場合のカードローンの限度額を知る方法は?

一般的に、利用限度額は過去の利用実績や年収に大きく影響されます。ただし、専業主婦の場合には、あらかじめ上限が決められているということをご存知でしょうか?
よく銀行カードローンの商品紹介で、限度額は10万円〜500万円といった具合に表記されています。
しかし、専業主婦が申込みをして500万円も借り入れできることはまずありません。
専業主婦の場合には、各金融機関によって10万円まで、30万円までと決められています。
この限度額は、各銀行のサイトで確認できる場合もありますが、サイトで明記していないところもあるので、カスタマーセンターなどに連絡をして確認するようにしましょう。

専業主婦のカードローンの限度額の増額してもらうことはできるの?

カードローンに申し込んで審査に通ったのはいいけど、思っていたよりも利用限度額が低かったということはよくあります。
こんな時でもがっかりすることはありません。
きちんと返済して、着実に利用実績を積み重ねることで、専業主婦でも増額をしてもらえることがあります。
ただ、増額してもらえるといっても、各銀行で定めている、専業主婦の限度額内での話です。
そのため、増額してもらえたとしても、30万円や50万円までが限界だと考えておく必要があるでしょう。
これだけの利用限度額の範囲内なら、カードローンの利用もとても便利なものになるのではないでしょうか。

 

専業主婦 カードローン 増額

専業主婦のカードローンで限度額いっぱいまで借りられるのはどんなとき?

限度額いっぱいまで借りられる時って一体どんな時なのかと思いますが、それだけの信用があるときだと考えておきましょう。
専業主婦でも、はじめからこの30万円や50万円までの限度額いっぱいまで設定してもらえるケースもあります。
このような場合では、配偶者の年収がそれだけあると考えられます。
仮に配偶者の年収がそれほどでなくても、利用実績を積み重ねて、銀行の信用が高まれば、銀行の方から増額のお誘いがあります。
銀行としても初めての利用の場合には、信用できる人かどうかわかりませんので、少額の設定となるケースもあることから、確かな実績を積み重ねて信用を高めていきましょう。

専業主婦のカードローンの金利は限度額ごとに下がるの?

カードローンは、利用限度額が高いほど金利も低く設定されます。
カードローンの商品紹介の金利のところを見ると、4.5〜14.5%などと、ずいぶん幅を持たせて書かれてあります。この金利の幅が限度額の差と考えておきましょう。
そのため、30万円の利用限度額で、金利が4.5%になることはまずありません。
通常、専業主婦が利用できる限度額では上限金利となる場合がほとんどです。したがって、専業主婦の限度額いっぱいまで借りたとしても、そのカードローンの上限金利が設定されると考えておく必要があります。
専業主婦の場合には少額のお金しか借りられないため金利は高くなります。くれぐれも、無理な借り入れはせず、計画的に利用していきましょう。

どんな場合にカードローンの融資枠が減額になるの?

カードローンを契約したとしても、その時の利用限度額がいつまでも設定されるとは限りません。
場合によっては減額されることもあるのです。
では、どんな理由で減額されるのでしょうか?
それは、一言でいえば信用を失ったときです。
例えば、毎月の返済が遅れている人の場合には、当然ですが銀行の信用を失い、減額されることがあります。
その他では他社からの借入が増えているといったケースです。
どうして他社からの借入が増えていることがわかるのかと思う人もいるかもしれませんね。でも、信用情報機関の記録を確認すれば、その事実は簡単にわかってしまいます。

専業主婦のカードローンの限度額を上げる方法は?

専業主婦のカードローンの限度額を上げるには、増額申請をする方法があります。
増額申請をすることで、新たに審査をしてくれ、信用できると判断されると、その分利用限度額も増えることになります。
ただ、この増額申請で注意してほしいのが、新たに審査を受けるという点です。
今までの利用実績などを確認されますし、増額申請をした銀行だけでなく、他の金融機関の利用状況なども確認されます。もし、他社で延滞をしていたり、借入額が増えていたりすると、増額どころか減額されるケースもあります。
専業主婦の限度額以上の借入を考えるのなら、パートなどを始めるのも一つの方法です。
利用条件などを見ても働くことで審査に通りやすくなりますし、配偶者の年収も関係なく、自分の収入で限度額も設定されます。

専業主婦のカードローンで一番限度額が高いところはどこ?

専業主婦に対しての限度額は各銀行によって違いがあるのですが、最高でも50万円までと考えておきましょう。
この50万円を上限としているカードローンとしては、イオン銀行カードローンBIG、セブン銀行カードローン、楽天銀行スーパーローンなどがあげられます。
銀行カードローンは大手消費者金融と比べても、銀行ならではの低い金利となっています。
しかし、それは消費者金融会社のキャッシングと比較した場合であり、住宅ローンや車ローンなどといった目的ローンと比べると、専業主婦の限度額ではとても高い金利となります。
そのため、無理な借り入れはせず、本当に必要な期間と金額だけ、利用することをオススメします。