子供の英語教室の選び方!費用の相場や比較するポイントは?


子供の英語教室の選び方!!比較のポイントは?

比較するポイントは、お母さんが何を求めているのかで変わってきます。
英語教室と一口にいっても内容や形態は様々ですので、その教室に求めているものがあるのかどうか?を見極めることが肝心です。それに加え、先生の発音が正しいかどうかもきちんと事前に確認しましょう。

◆英語に親しませたいなら、楽しい雰囲気の教室に

とにかく「英語嫌いになってほしくない」「小さい時から英語に親しませておきたい」という思いで通わせるのなら子どもが楽しめる教室がいいでしょう。子どもが喜ぶようなゲームをしたり、歌を歌ったりするなど遊びに行く感覚で通いに行けるところを選ぶといいですね。

◆本気で英語を学習させたいなら、実績で選ぶ

英会話を本当に子ども達に身につけさせたい、英検も取りたいなど、結果を出したいのであれば、その教室の子どもたちが結果を出しているのかを見る必要があります。
そのためには、口コミを調べることや実際に通った人の声を聞くことをおすすめします。それも、1人や2人ではなく、できるだけたくさんの人の意見を参考にしましょう。
通った子どものうち7~8割に結果が出ているのであれば、効果を期待できる教室だと言えるでしょう。

◆英会話を身に着けるなら、発音をチェック

英会話レッスンにおいて、先生の発音は非常に重要です。
日本人講師であれば、発音のスキルにかなり差があるので、音声がキチンとしているという所をチェックはするようにしてください。また、ネイティブ講師だからといって必ずしも発音が良い訳では無く、なまっている人もいるので、厳しい目で見るようにしましょう。

さらに外国人だからといって教えることに長けている先生は少ないということを知っておくことも大切。日本にいる外国人は、特に資格もなく、教えることの専門ではない人がほとんどなのです。また、日本人講師・外国人講師ともに、「子供好き」「教えることが好き」「教える事に長けている」ということが、もっとも大切な要素ですので、そのような点にも注意して先生を選びましょう。
shutterstock_210169249

費用の相場はどれくらい?

◆相場は6,000~7,000円程度

1レッスン何百円という所もあれば、一ケ月6,000円と言う所、さらには一ケ月1万円という教室もあり、さまざまですが、相場はだいたい一ケ月6,000~7,000円程度です。
ですが、費用だけで決めないという事がとても大事です。安いから飛びつくのではなくて、安ければ、入学金や教材費にお金がかかるなどカラクリがあることも多いのです。ある程度の値段を出さないと、良いものとは出会えません。

◆フランチャイズは先生が未経験者OKのところも

最近では、お家でやっているひと月に6,000~7,000円程度のフランチャイズ教室も多いですが、そういった所は随時先生の募集をしていて、未経験者もOKです、英語力が無くてもOKですという風に謳っているところもあります。もちろん安くてもいい先生に当たることもありますが、大体は誰でも先生になれますという教室なので、注意が必要です。

最近人気のある英語教室の特徴は??

英語教室よりもインターナショナルの幼稚園・保育園の人気が高くなっています。大体そういう所は9時から6時まで預かってくれるので、英語漬けの教育です。また、普通の幼稚園に通っているけど、土曜・日曜だけ何時間か預けることができる所も増えてきていて、人気があります。そういった所は、外国人の先生が、オールイングリッシュで色んなことをやってくれます。

ただし、このようなところは、園児のほぼ100パーセントが日本人であるため、英語を話すのは先生だけとなります。生徒は、かなりの時間とお金を費やしたにもかかわらず、多少のリスニング力がつき、発音の基礎が身につくだけで、会話力はほとんどつきません。園児同士の英会話がなりたたないためです。また、この頃に大切なことを母国語できっちりと確立しなければいけない時期に、英語漬けで、日本語そのものの教育やしつけ、情緒教育などが行われないことは、子育てにおける大きな弊害です。このような理由で、流行ってはいますがおすすめはしていません。

個人レッスンと集団レッスン。それぞれのメリット・デメリットは?

◆初心者さんには5~6人の集団レッスンがおすすめ

週に1~2回通う教室であれば、集団レッスンで10人~20人のクラスだと、レッスンしていても1人当たりが話をする機会が少ないので、あまりないように思います。多くても5~6人までの所がいいでしょう。

では、個人レッスンが一番かというと、そうとも言えません。個人レッスンだと、しゃべれる量が多いように思ってしまいますが、よっぽど上手な講師でないと、英語がしゃべれない人の英語を引き出すことは不可能ですので、結局は先生が一方的に喋って、子どもが疲れて終わってしまうというパターンがほとんどになってしまい身に付くもの身に付かないこともあります。そのため、子どもが疲れず、集中力を持たせるためにも、ある程度の人数がいるほうがいいこともあります。

◆集団レッスンならお友達から良い刺激を受けることも!

周り子どもに影響を受けやすいお子さんは、「あの子がアレを言えているから、私も真似して言う」とか、宿題が出る場合も、「あの子がやっているから、私もやろう!」となっていきます。このような競争心の高いお子さんは集団レッスンの方が伸びると思います。

◆ある程度話せるなら個人レッスンがおすすめ

ある程度、英語がわかるレベルに達しているなら、一対一で、たくさん話せる個人レッスンを選んだ方がいいでしょう。また、集団だと萎縮してしまい、大人数だと自分が出せないというようなお子さんは、かえって英語を嫌いになる可能性もあるので、マンツーマンレッスンを検討するのもいいでしょう。shutterstock_144411868

通う頻度は?週1回のレッスンでも効果は出る??

週一のレッスンだけで、全く自宅学習をすることが無いのであれば、効果はあまり出ません。そのため、DVDや暗唱用のCD、絵本を使って、家で英語に取り組む時間を必ず毎日持つことが必要です。レッスンの回数は多い方が絶対良いですが、通わせるだけで英語がペラペラになるということはあまりありません。

まとめ

まずは行きたい英会話教室に求めるものがあるのか?どれだけの結果を出しているか?ということを重視してほしいです。また、通い始めてから何が起きているかわからない、中を見られない教室は危険なので、オープンな教室を選んであげてください。

それに加え、先生が本当に愛を持って子どもたちを指導してくださる方なのか?子どもの力を伸ばしたいという情熱のある方なのか?が何よりも重要ですので、体験レッスンに行くなどして先生の人柄を必ず知るようにしてくださいね。shutterstock_76688839

広告

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


注目の専門家

注目の専門家

保健師・赤ちゃん発達アドバイザー

佐藤 千穂美

今週のピックアッププロフェッショナル

今週のピックアッププロフェッショナル

ウェディングアドバイザー

有賀 明美

プロフェッショナル一覧

プロフェッショナル募集

» 続きを読む

ピックアップ記事

ピックアップ記事

【子育て貧困世帯】子どものためにパパ・ママが知っておきたい育児支援まとめ


近年、問題になっている「子どもの貧困化」。
子どものために今、何ができるのでしょうか。

今回は、「子どもの貧困化」が進む今だからこそパパ・ママに知ってほしい育児支援やサービスについてご紹介します。

広告