子供が可愛くない!どうしたらいい?改善するための4つの方法

子供 可愛くない

自分の子供は手放しに可愛いものと世間では思われがちですよね。
しかし、自分の子供でも「可愛くない」と思ってしまうことありませんか!?
育児をしていれば、人それぞれ、いろいろな壁が立ちふさがることがあるものです。
子供を育てるうえで、全く悩みがないというママの方が少ないのではないでしょうか。

では、「自分の子供なのに可愛いと思えない」と感じたら、どう対処したらよいのでしょうか?
今回は、子供を可愛くないと思ってしまった時の改善方法を4つご紹介します。

子どもを叱らず褒めてみる

子供 可愛くない
子供が可愛くないと思ってしまう時って、大概子供がとってほしくない行動をして、手がつけられなくなってしまう時ではないでしょうか?
こういう行動が積み重なると、どんどん「全然人の話聞いてくれない!可愛くない!」となってしまい、悪循環ですよね。

そこで子供が何かよくないことをした時には、できない部分を叱るのではなく、ちょっとでもできている部分を褒めてあげてはいかがでしょうか?
褒められることによって、子供自身によい習慣が身につきやすくなりますし、子供のできることが増えれば親のイライラも軽減されます。

「どんな風に褒めたらいいのか分からない・・・」というママは、子供が何かしてくれた時に必ず「ありがとう」と一声かけることから始めてみましょう。
それだけで子供は「自分もママのために何かできるんだ」と感じてくれます。
すると、子供も嬉しさから徐々にお手伝いなど進んでしてくれるようになります。
そうすれば、ママも子供を可愛いと思える機会が増えるはずです。

子供の気持ちに共感する

子供 可愛くない
子供が何か話しかけてきた時には共感してあげることも大切です。
子供の話は真剣に聞き、合間に口を挟んだりはせず、相槌をうつようにしましょう。

そして、「嬉しいね」「悲しかったね」「痛かったね」「楽しいね」など子供の気持ちに共感してあげてください。
そうすることで、子供は、「ママは自分のことをわかってくれている」と感じるでしょう。

大人でも、例えば自分の夫が話をちゃんと聞いてくれると嬉しいし、聞いてくれていなかった時は腹が立ちますよね!?
子供も同じで、「自分の話をちゃんと聞いてくれている」と感じると、「ママは自分のことを大切にしてくれているんだ」と思うようになり、前向きに生きて行こうとする力が身につきます。
そうすることによって、ママにたくさん甘えてくれるようになり、ママもそれに応えてあげることで親子の絆や信頼関係がより一層深まるのではないでしょうか。

他の子と比較しない

子供 可愛くない
自分の子供を他の子と比べてしまうこともよくありません。
子供は比べられると傷つき、自分の気持ちを守るためにさらに悪い行動をとる可能性があります。
また、嘘をついたり、失敗を隠すようになる恐れもあります。

比べるのなら他の子ではなく、「自分の子供が以前と比べて何ができるようになったのか」ということを考えてみましょう。
子供は少しずつでも成長しているものです。
その部分を認めてあげると子供も喜び、日々笑顔で過ごせるようになるのではないでしょうか?

親も自分を褒めてみる

子供 可愛くない
大抵のママは、家事をしながら育児をしていますよね?
「みんなやっていることだから当たり前」と思うママもいるかもしれませんが、それは違います。
普通に家事をして、子育てをすることも大変な仕事です。
世のママたちは、そんな大変な仕事を毎日休みなくやっているのです。

ママ自身が自分を褒めてあげることで、今以上に子供を褒めることができるようになるのではないでしょうか?

まとめ

子どもが可愛くないと思ってしまった時の改善方法はこちらの4つです!

・子どもを叱らず褒めてみる
・子どもの気持ちに共感する
・他の子と比較しない
・親も自分を褒めてみる

ママはいつも子供のことを考えているからこそ、「子供が可愛くない」と思ってしまうと自己嫌悪を感じるのではないでしょうか?
でも、ママ自身もまずはいつも頑張っている自分を褒めてあげてください!
子供はいつでも可愛いばかりではありませんし、同じように感じているママも世の中にはたくさんいるはずです。
そんな時はこちらの記事も参考にして、ぜひお子さんに接してみてください。
少しの心がけで、子どもの行動が驚くほど変わることもあるものですよ!

広告

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサードリンク

注目の専門家

注目の専門家

保健師・赤ちゃん発達アドバイザー

佐藤 千穂美

今週のピックアッププロフェッショナル

今週のピックアッププロフェッショナル

ウェディングアドバイザー

有賀 明美

プロフェッショナル一覧

プロフェッショナル募集

» 続きを読む

ピックアップ記事

ピックアップ記事

【子育て貧困世帯】子どものためにパパ・ママが知っておきたい育児支援まとめ


近年、問題になっている「子どもの貧困化」。
子どものために今、何ができるのでしょうか。

今回は、「子どもの貧困化」が進む今だからこそパパ・ママに知ってほしい育児支援やサービスについてご紹介します。

広告
モバイル