才能って特別な力??子供の才能を見つけて伸ばすには?


才能って特別な力??親や遺伝は関係あるの??

才能というのは皆さんにある力のことです。子どもはたくさんの才能の種をもって生まれてきていて、実はそれを生かすも殺すも周りにいる大人次第です。

例えば道端に石が落ちていて、子どもが「この石きれい」と言った時、ママが「またそんなもの拾って」と言うか、「そうだね、きれいだね、他の石と全然違うね」という言葉がけをするかで、その子の石に対する興味が120%変わってきますよね。
共感してあげれば、いろいろな本を調べるようになるかもしれないし、もっともっと興味が深くなれば研究を始めるかもしれないし、大学に行って専門的に学べば、ゆくゆくはノーベル賞を取ったりする天才になるかもしれないし…。子どもの可能性は本当に無限なのです。

また、普段の生活の中で目にする機会や耳にすることが多いものは、子どもも興味を持ちやすいため、才能は親の興味のあり方や教育、遺伝、環境にも関係があると言えます。shutterstock_88309642

才能が開花する人としない人の違いや特徴は?

才能を開花させるためには、「それが好き」という熱い思いをずっと持っていられるかどうかが重要です。また、才能が開花する人としない人の違いは、周りがお子さんの興味を上手に楽しい方向に導いてあげられるかというところで表れてきます。

つまり、子どもがわくわく感や向上心を持って行動出来るかが才能を開花させる鍵なのです。「自分でできたね」と褒めてあげると、嬉しくなってどんどん自信がつき、自己肯定感の高い人間に成長していきます。
このようにして自己肯定感を高めてあげると、子どもが自分で好きなことを見つけられるようになっていきます。

才能が開花しない人は、親が否定的な言葉や態度を取っていて、諦める癖がついてしまっていることも多いのです。「自分は何があってもきっと大丈夫」「お母さんが最後の最後は味方してくれる」といった心の安定感がある子は大人になっても心が強く、トラブルに直面しても自分で乗り越えていくことができます。だからこそ、自己肯定感を高める言葉がけが本当に大切なのです。

子供の才能を見つける方法は??

子どもには、いろいろなことを生で経験させてあげるようにしましょう。幼児教室や自然学習など特別なことに限らず、ご家庭でのお手伝いやお着替えなども一つひとつが大切な経験です。

子どもが何かに自分で興味を持った時は、まずは見守りましょう。自分で調べることを教えてあげるのもいいですね。
そうすれば、ますます色んなことが知りたくなる気持ちが育ち、能力が開花していきます。

子供の才能を引き出す!伸ばす!親の接し方や習慣は?

◆まずは親が取り組み、一緒にやってみる

優しい子になって欲しければ、まずは親がお子さんやお友達、周囲の人に優しい言葉がけをすればいいですし、人を助ける子になって欲しければ、困っている人を積極的に自分が助ければいいのです。
才能も一緒で、「これをできるようになって欲しい」と思ったら、まずは親が取り組んで一緒にやってみましょう。

◆楽しく取り組む

物事に対して楽しく取り組んでいると、子どもはそれをきっと好きになるはずです。
例えば、勉強する子になって欲しければ、学ぶことや知識を深めることの楽しさを伝えましょう。そして、勉強をしている内容に対して「こういうことを勉強してるんだね」、「すごいね」、「こうすればもっと面白くなるんじゃないかな」と言って、興味を導いてあげると才能はぐんと伸びていくと思います。

◆努力を褒める

子どもが何かに取り組んでいたら、できなくても努力を褒めてあげましょう。褒められればやる気が出て、どんどん努力をするようになります。才能が開花するには、努力も非常に重要です。shutterstock_276515990

長期的に努力できる子供に育てる子育て法は?

親が、子どもにとって辛いと思う環境を作らないようにしましょう。例えば、習い事をさせる時は、子どもが興味を持ったところからスタートすることもあれば、親がさせたいという思いから連れて行くこともあると思います。できるだけ、子どもの意思を尊重し、子どもが楽しんで続けられることを見つけてあげましょう。

子どもにとってあまりにも辛い環境を作ってしまうと、子どもも追いつめられていくので、あまり厳しい内容やスケジュールは避けるようにし、子どもの心のバランスを考えて、息抜きができる日も作ってあげましょう。

まとめ

ある絵本作家さんでこれまでに160冊以上の絵本を出版された方がいます。
その方の個展に行った時に初期の作品を見たのですが、私はあることに驚きました。
最初の時点では、絵が本当に下手だったのです。でも、そこから何百冊ものノートに練習をして、とても素晴らしい絵を描けるようになられました。それを知った時、私はとても感動しました。
やはり、才能や自分の道を見つけるのにはたくさんの試行錯誤が必要になります。やってみたけど合わなかった、楽しくない、わくわくしないと感じることもあります。しかし、諦めずに色々なことにチャレンジさせてあげてください。

夢や才能を開花させるには、情熱や信念、「好きという気持ち」が何よりも大事です。それがあれば何も言わなくても子どもは毎日練習し、自ら勉強していきます。ですから、情熱や信念を持てるようになるまで、親はどうすれば楽しく取り組ませてあげるかを考えることがとても大切なポイントだと思います。shutterstock_310945214

広告

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


注目の専門家

注目の専門家

保健師・赤ちゃん発達アドバイザー

佐藤 千穂美

今週のピックアッププロフェッショナル

今週のピックアッププロフェッショナル

ウェディングアドバイザー

有賀 明美

プロフェッショナル一覧

プロフェッショナル募集

» 続きを読む

ピックアップ記事

ピックアップ記事

【子育て貧困世帯】子どものためにパパ・ママが知っておきたい育児支援まとめ


近年、問題になっている「子どもの貧困化」。
子どものために今、何ができるのでしょうか。

今回は、「子どもの貧困化」が進む今だからこそパパ・ママに知ってほしい育児支援やサービスについてご紹介します。

広告