妊婦さんのウェディングドレス!選び方や人気のデザインは?


profile29(100)

お腹が大きくても大丈夫??ドレスをきれいに着られる?

今は、結婚式を挙げる3〜4割ぐらいの方がおめでた婚という時代になってきているので、妊娠中でもお腹が目立たず、ナチュラルに着られるドレスも充実しています。

くびれが強調されるようなタイトなデザインだとお腹を隠すことが難しいですが、デザインの選び方次第で、ほとんどわからないように着こなすことも可能です。

締め付けが心配だけど、お腹の赤ちゃんに影響はない??

今は、マタニティでも問題なく着られるデザインのドレスが増えていて、ウエストのところがゴムになっていたり、紐で調節できたりと負担を軽減する工夫がされているものもたくさんあります。

また、直前で急にお腹が大きくなる方もいらっしゃいますが、ほとんどのドレスショップでは、そのような時も対応できるよう下着もドレスもサイズを揃えているので大丈夫です。私が担当した結婚式でも、これまでウエストが苦しくて途中に気分が悪くなったというような方はいらっしゃらないので、安心してください。shutterstock_425229562

マタニティウェディングドレスを選ぶ時のチェックポイントは?

◆マタニティドレスが多いショップを選ぶ

マタニティドレス専門店というものもありますが、デザインが限られてくるので、普通のドレスショップでマタニティでも着られるものを選ぶことをおすすめします。

ただし、海外製のドレスしか取り扱っていないようなところだと、スタイルの良さを強調するドレスばかりという場合もあるので、可能であれば、事前にマタニティでも着られるラインナップがどれぐらいあるのかを確認しましょう。

ウェディングプランナーが担当している場合は、マタニティドレスの取り揃えが多いショップを紹介してもらうことがおすすめです。

◆生地が軽いものを選ぶ

シルクなど厚さと張りのある生地のドレスは、重さがあり負担となってしまうこともあります。サテン生地など軽い素材でできたものを選ぶことが重要です。

◆ローヒールでもきれいに見えるものを選ぶ

動きやすさはとても重要で、通常は12センチぐらいのヒールを履いてスタイルよく見せたりしますが、妊娠中はそこまで高いものは履けないので、ローヒールでもスタイルが良く見えるようなラインがおすすめです。

◆試着したら写真を撮ろう

試着したら、前・後ろ・横から写真を撮って、お腹の大きさやスタイルが美しく見えるものをセレクトしましょう。shutterstock_108839210

妊婦さんに人気のドレスデザインは??

◆上品な美しさを演出するエンパイアライン

エンパイアラインは、ヨーロッパのお姫様のような女性らしさ・上品さを演出できるデザインです。

胸のすぐ下で切り替わってふわっとスカートが落ちるような形のもので、妊婦さんでも7ケ月頃より前の方ならあまりお腹が目立ちません。
8ヶ月ぐらいになると、逆にお腹が大きいことを隠さずに優しいお母さんのような印象を出すことができるので、あえて選ばれる方もいらっしゃいます。芸能人の方にも人気で、妊婦さんに限らず選ばれる方が増えています。

shutterstock_30057151

◆可愛らしさ100%のプリンセスライン

しっかり体型を隠したいのであれば、プリンセスラインがおすすめ。可愛らしい印象のデザインで、20代の花嫁さんに特に人気があります。スカートがお腹の上にふわっと広がっているため、ほとんどお腹が目立たなくなります。

shutterstock_87389336

◆大人可愛いAライン

Aラインはすべての方が着やすい無難なデザインなので、ラインナップも多く選びやすいかと思います。スカートも程よいボリュームで可愛らしさと大人っぽさの両方を演出したいという方にはおすすめです。動きやすいので、負担がそこまで感じることなく着ることができます。ただし、デザインによってお腹が目立つもの・目立たないものがありますので試着して確認するようにしましょう。

shutterstock_166883984

マタニティ用のドレスやインナーは式場で借りられる??自分で購入するべき?

ほとんどすべての式場には、マタニティの方に紹介できる提携ドレスショップが揃っています。マタニティドレスやインナーもそこでレンタルできるので、心配はいりません。
基本的には、レンタルが一番安くなりますが、どうしてもサイズが合わなければ、5~10万円で自分のサイズに合わせて、セミオーダーすることもできます。

また、ご自身で購入したドレスがある場合は持ち込みもできますが、持ち込み料が別途かかる式場が多いので、ドレスの購入予定がある場合は、事前に相談しておきましょう。

まとめ

妊娠したから結婚式を諦めようと考える方に一番多い理由が「好きなドレスが着られない」ということです。10年前は、マタニティの方が選べるドレスが少なかったですが、今は業界全体的にマタニティの方のプランやドレスが充実してきているので、一度どんなドレスがあるのか見ていただきたいです。

また、ドレスにこだわりがあって妊娠中は難しい方も産後に体型を戻してからファミリー婚をするという方法もあります。ウェディングドレスは一生に一度しか着られない特別なもの。ですので、マタニティだから・・・といって、結婚式を諦めないでほしいです。shutterstock_382565575

広告

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


注目の専門家

注目の専門家

保健師・赤ちゃん発達アドバイザー

佐藤 千穂美

今週のピックアッププロフェッショナル

今週のピックアッププロフェッショナル

ウェディングアドバイザー

有賀 明美

プロフェッショナル一覧

プロフェッショナル募集

» 続きを読む

ピックアップ記事

ピックアップ記事

【子育て貧困世帯】子どものためにパパ・ママが知っておきたい育児支援まとめ


近年、問題になっている「子どもの貧困化」。
子どものために今、何ができるのでしょうか。

今回は、「子どもの貧困化」が進む今だからこそパパ・ママに知ってほしい育児支援やサービスについてご紹介します。

広告