産後ママのスキンケア!産後におすすめの肌荒れ撃退法は?


profile22 (100)

産後ママによくある肌トラブルは?原因は何?いつまで続くの?

産後はデトックス期になるため、お肌にも影響が出やすくなります。産後の肌荒れは、妊娠するまでの食生活や生活習慣により溜まっていたものが出てくる時期なので、肌荒れに悩まれている方やお肌の調子が心配な方は、この機会にご自身の私生活を見直してみましょう。

赤ちゃんも実は、お腹の中にいた時にお母さんが食べていたものを胎盤を通してもらっているので、油っぽいものばかりを食べていた人の子供は脂溶性湿疹が出やすかったりします。逆に油が少なく、栄養があまり摂れていなかった場合だと、赤ちゃんも乾燥してカサカサ肌になってしまうこともあります。

また、肌荒れはストレスや寝不足も原因になるので、生活全体を見直して、原因要素を解消し、なるべく早く元のお肌に戻れるように心がけましょう。shutterstock_184814720

産後におすすめのスキンケア!きれいでいられる基本のお手入れは?

◆洗顔をしっかりする

産後で睡眠不足の時は、毛穴が開きやすいので、しっかり汚れを落としてあげることが大事です。脂っぽい場合はなるべく水洗いで1日に何回も顔を洗い、乾燥する場合は水分補給・保湿をしてあげることが大事です。

◆水分をたくさん摂る

授乳している期間は水分が母乳に取られるので、それによってお肌も乾燥しやすくなります。ダイエットでは1日2リットル水を飲むことをおすすめしていますが、授乳中の体には3リットルの水分が必要だと言われています。また、産後はデトックス期間でもあるので、お水をたくさん摂ることは、デトックスを促してくれてとても効果的です。

◆こすりすぎない・栄養を与えすぎない

基本のお手入れのポイントは、こすりすぎないこと、やりすぎないことです。顔はお風呂上りすぐにケアしないと乾燥するという方が多いですが、そのような方は、美容液などでお肌に栄養を与えすぎて、肌の本来のバリア機能が働いてない状態の可能性もあります。水分値や脂質がちゃんと整っている肌は何もしなくてもいい状態なので、目指すのはお風呂上り何もしなくても大丈夫な肌。

◆腸内環境を整える

腸内の環境はお肌にすぐに影響しますから、便秘気味の方は食生活や運動で腸内環境を整えるよう意識してみましょう。shutterstock_108500021

かゆみ・カサカサ・ニキビの対処法は?

ニキビは、毛穴に溜まった皮脂が原因なので、ぬるま湯でこまめに洗顔することが大事です。カサカサ肌は、良質なお水を摂ることが一番ですが、どうしてもかゆい場合は、保湿剤を使うのもいいでしょう。できるだけ何もせず、水分を与えてあげて、自分自身のバリア機能を回復させてあげることを心がけましょう。

産後の肌荒れは皮膚科で治せる??

皮膚科で治せるかどうかは症状によっても変わってくるので、まずは自分でケアしてみましょう。私は、まずは体の免疫力や体本来のバリア機能を取り戻す努力をして、体の中を正常化するようにしましょう。

また、カサカサやニキビなどの炎症は、肌に優しいスキンケア用品で保湿してあげることが一番だと思います。もちろん妊娠線にも保湿のケアが大事になってくるので、馬油での全身ケアがおすすめです。

化粧品や化粧水・クリームを選ぶポイント!つるつるお肌になるには?

◆高機能な化粧品は避ける

あまり高機能な化粧品は、肌の機能を低下させるため選ばない方がいいでしょう。それよりも、添加物や防腐剤が入っていないナチュラルな化粧品で水分や油分のバランスを整えることが大切です。

◆シャンプーにもこだわる

化粧品、化粧水クリームだけではなく、シャンプーにも気を付けるようにしましょう。頭皮も皮膚の一部で、シャンプーリンスにこだわっていないと肌にも影響は出てくるので、オーガニックケアのものや天然成分のものを選ぶようにしましょう。

◆母乳パック

産後の肌トラブルにおすすめの方法として、母乳パックがあります。母乳は、免疫再生機能が高いので、シミに効くだけでなく、保湿力も大変優れているのです。余裕のある方にはご自身の母乳で母乳石鹸を作るという方法もおすすめですよ。

shutterstock_455852386

まとめ

ホルモンのバランスで、産後に肌トラブルが出やすい方も多いと思いますが、女性ホルモンがたくさん分泌されている時期でもあるので逆につるつるになる方もいらっしゃいます。

そして、産後に肌トラブルが出る方もデトックス時期が終わるときれいになる場合も多いのです。それまでの自分の中に溜まっている老廃物の量は人それぞれなので、出し切る期間も様々で、1人目で出し切る方もいれば、2人目3人目になっても出る方もいるので、今溜まっているものを早く出し切ることがとても重要だと思います。

広告

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサードリンク

注目の専門家

注目の専門家

保健師・赤ちゃん発達アドバイザー

佐藤 千穂美

今週のピックアッププロフェッショナル

今週のピックアッププロフェッショナル

ウェディングアドバイザー

有賀 明美

プロフェッショナル一覧

プロフェッショナル募集

» 続きを読む

ピックアップ記事

ピックアップ記事

【子育て貧困世帯】子どものためにパパ・ママが知っておきたい育児支援まとめ


近年、問題になっている「子どもの貧困化」。
子どものために今、何ができるのでしょうか。

今回は、「子どもの貧困化」が進む今だからこそパパ・ママに知ってほしい育児支援やサービスについてご紹介します。

広告
モバイル