綺麗なママになりたい!忙しい子育て中でも美人ママになれる方法は?


profile22 (100)

綺麗なママが羨ましい!美人ママの特徴・条件は?

◆ツヤ感のある人

しいと感じ共通点として、ツヤがあることが挙げられます。
ツヤやツヤがあると若々しく見えるので、ごろのスキンケアメイクの仕方、ヘアケアだけでなく、食べ物など食生活でもツヤ感を大切にしていきたいですね。

◆内面が美しい人

外見だけでなく、内もとても大です。綺麗なママというのは、美人というだけではなくて、物事に対する姿勢がしっかりしていて、ぶれないを持っているだと感じます。
見た目ももちろん大切ですが、何か目標を持っているや向上があるような方は、それがにも自然と溢れていて周りにも素敵に映ると思います。

ママにおすすめの髪型やヘアスタイルの選び方は?

◆髪は肩より少し長めに

産後や育児中は時間がなく、を洗うのもままならない時があると思うので、肩より少しぐらいの長さのヘアスタイルおすすめします。あまり短くしてしまうとはねやすくなり、お手入れが必要になってくるので、くくれるぎりぎりの長さにしておけば、いざという時もくくれば何とかなるので楽だと思います。

◆忙しいママは黒髪に

明るく染めている方は地毛に近い髪の色にしておきましょう。産後や子育ての忙しい時カラーのメンテナンスもする時間がなくなるので、染めたままにしておくと、根伸びけが傷んで、見た目が汚くなってしまいます。


なことは、どうやったら自分が一楽かを考えることです。美容院かず、時間をかけなくてもきれいに見え髪型が一なので、自分に合った髪型を探してみましょう。

shutterstock_159694427

ファッションに悩むママへのアドバイスや洋服のコーデ術は?

◆汚れが目立たない服装を

産後は、仕事のモードと育児モードで、の使いけもえますが、どちら子供を連れてかける時に汚れてもいいものをぶといいと思います。抱っこの時を避けると無難。特に男の子は遊んだ後で抱っこすると、汚れがになってしまうので、汚れてもいいシンプルなファストファッションをフル活用しましょう。

◆産後すぐのママはAラインのフレアチュニック

産後はお腹周りになるという方も多いですが、そのような方にはAラインタイプのフレアチュニックおすすめです。着地も良くとても楽ですし、体型もうまくカバーしながらおしゃれに見せてくれるので試してみてください。

◆授乳中におすすめの授乳ワンピース

今は機能面デザイン性も兼ね備えたおしゃれ授乳ワンピースも多く売られています。前がカシュクールになっていて、広げると授乳ができるものや縦にドレープになっていて間からチャックで開けられるのもあり、とても便利です。中には、妊娠中から授乳後まで使えるものもあるので、妊娠中の方は探してみるといいと思います。

◆お腹が引き締まってきたらジーンズ

徐々にお腹が締まってきた段階で普通のジーパンに変えるのもいいと思います。適度に締め付けた方がお腹も引き締まりやすいですし、ジーパンは合わせやすいので枚持っておくと、とても便利です。

shutterstock_254243971

忙しいママにおすすめのメイク法は?

育児中のママは、なかなかお化粧をする時間も取れないことが多いですが、眉毛を整えておくとあまり手を加えなくても割と綺麗に見えます。また、ケアをしっかりしておけば、メイクに時間をかけなくても大丈夫なので、ごろのスキンケアも大です。
また、チークとリップどちらにも使える化粧品ているので、忙しいママにはおすすめです。口元とチークでの統一をしてあげるだけでも、あか抜けて見えるので、試してみましょう。最低限、眉とチークとリップの3点さえおさえれば、時間をかけなくても綺麗に見せることができますよ。

体型が気になるママにおすすめのダイエット法は?

◆筋トレをしてみよう

産後ダイエットとしては、筋トレが一番おすすめです。特にスクワットは太ももの筋肉を大きく動かせるので効果的です。他にも、肩甲骨の周りにある筋肉を鍛えて動かすと脂肪の燃焼が早くなると言われているので、そこに働きかけるストレッチや筋トレをしましょう。

◆母乳で痩せた人はリバウンドに注意

母乳を出すことで痩せるタイプの方もいますが、そういう方は母乳が終わった時に今まで栄養を与えていた分、体がかすかすのスポンジのようになってしまい、あらゆる栄養を溜め込もうとしてリバウンドしてしまいます。そのため、母乳で痩せた方は、栄養バランスを考えた食事を心がけ、食べ過ぎには注意しましょう。

◆バスト重視派は体重を増やしてから痩せる

垂れ下がったバストを戻すために、ある一定の体重まで増やしてからデトックスで減らすという方法もあります。しかし、その方法だと食べることがどうしてもやめられないという場合もあるので要注意です。食欲が抑えられない場合は、食べる燃焼スープなどダイエット食品を利用して効果的にダイエットしていきましょう。

◆食事に気をつける

産後の体重を減らすためには、栄養バランスや量に気をつけて健康的な食生活を送ることが重要です。
また、食べる時間帯に注意する、温かいものを中心に食べる、野菜・お肉・ご飯の順番で食べるなど、気をつけられることはたくさんあります。shutterstock_443314564

何から努力すればいいかわからない人へのアドバイス

まずは自分の目指す美しさとは、どういったものなのか理想像を具体的に思い描くことが必要です。
外見重視の美しさなのか、内面から出る美しさなのか、体型を綺麗にしたいのか、センスを良く見せたいのか……自分が魅力的だと感じる美しさについてはっきりとイメージしてみると何から努力したらいいかがわかりやすいです。
体型を綺麗にしたいのなら、筋トレや食事、美人に見られたいなら髪型やメイク、ファッションを考える必要があるので、今自分に必要なものについて改めて考えてみてください。

まとめ

綺麗になろうという努力は本当に大事です。私は2人目を産んだ後に体型もがなかなか戻らず、もう仕方ないのかなと思う時期があったのですが、ある人に、「健康も綺麗も『これでいいか』と思ったところで終わる」と言われ、諦めずに頑張ろうと思うことができました。「こんなものなんだ」と思ってしまえば、努力もできませんし、健康も続かないので、「今よりもっと綺麗になりたい」「いきいきとしたママになりたい」という気持ちがとても大切です。

広告

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


注目の専門家

注目の専門家

保健師・赤ちゃん発達アドバイザー

佐藤 千穂美

今週のピックアッププロフェッショナル

今週のピックアッププロフェッショナル

ウェディングアドバイザー

有賀 明美

プロフェッショナル一覧

プロフェッショナル募集

» 続きを読む

ピックアップ記事

ピックアップ記事

【子育て貧困世帯】子どものためにパパ・ママが知っておきたい育児支援まとめ


近年、問題になっている「子どもの貧困化」。
子どものために今、何ができるのでしょうか。

今回は、「子どもの貧困化」が進む今だからこそパパ・ママに知ってほしい育児支援やサービスについてご紹介します。

広告